<< カラオケ | main | 故郷のナマリ >>

朝の習慣

0


    本やドラマのセリフで
    「年をとると朝、起きて『やるコト』が増えるわね〜」
    とか
    「年寄りの朝は行事が多い」
    とか言う
    言葉がありましたが

    そんなコトバを実感として噛み締めるイトウ45歳です。

    今の朝の習慣は

    1 起床
    2 上記セットで目を洗ってコンタクトをする
    3 仏様のお水をとりかえてお参り
    4 ラジオ体操
    5 ウォーキング

    です。

    なんか健康的な60歳みたいなメニューですが
    60歳になった頃には、ここにもう少しメニューがプラスがされている気がします。

    2の「目を洗う」というのですが
    写真の
    マザーチンキのカレンデュラ(左)と、ユーファラジア(右)を右のガラスの器に水を張り
    そこに1〜2滴ずつ落として
    目をつけて開いて
    ぐるぐる回したり、パチパチしたりをしばらくやります。
    ものすごくスッキリします。

    自分は片目だけですがコンタクトなので
    目に、人より癒しを与えてあげないとな〜と思います。

    本当は、このセットで目を洗う、というのを
    夜もやった方が良いんだと思いますが
    今は朝だけやっています。

    インドはホメオパシーが盛んという話を何度か書きましたが
    ホメオパシーというより、インドの古代からの医学アーユルヴェーダでは
    目を洗う・鼻の穴を洗う・舌を掃除する・ といったことが推奨されてるようで

    インドには「タン・スクレイパー」なんていう
    「舌ゴケこそげとり器」なんてものもあります。

    さてこの

    カレンデュラ

    日本の名前はキンセンカ。 英語名はマリーゴールドで
    紀元前から、傷を癒す薬草として使われていた記述があるなど
    傷癒しパワーのすごいものです。

    中国での菊花茶を、目に良いと言って飲むようですが
    カレンデュラもキク科です。

    ユーファラジア

    日本名はコゴメグサ。英語名は「アイブライト」=「目が輝く」 という意味。
    こちらも主にヨーロッパで中世以降、目の炎症や眼精疲労に用いられてきた薬草。

    現代のハーブ療法でも目の問題、副鼻腔炎などに良く使われるそうです。

    花粉症での目の痒み、結膜炎、眼精疲労、白内障予防、などなど
    きっと様々な目の問題に力になってくれるだろう2大薬草です。

    目のスッキリしない方、この目の洗浄法、良かったら試してみてくださいね〜。

    posted by: philiaito | 健康ネタ | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。