<< 誰が得をする? | main | 友人の「汚部屋(おへや)掃除」 >>

松本亀次郎さんのこと

0

    この間のブログを書いていて思い出した人がいました。

    松本亀次郎さんという方です。

    日本で初めての日本語学校を東京・水道橋に作り、当時の(主に)中国人留学生らに
    日本語を教え、
    自分も中国にわたって北京大学で教鞭をとったそうです。

    日本初の日本語学校「東亜高等予備学校」には
    設立から、関東大震災で燃え落ちるまでに2万人の中国人留学生が
    学んだそうで、
    その中に魯迅周恩来がいます。

    そんな亀次郎さんなので、
    日中戦争勃発前には、なんとか戦争を食い止めようと
    政府高官に意見したり、
    奔走したようですが、
    盧溝橋での一発の銃弾を皮切りに
    日本と中国は戦争に突入します。

    自分が一生懸命、日本語を教え可愛がった中国人の生徒たちと
    同胞の日本人が殺しあう時代を
    どれほどつらい気持ちで過ごしていらしたのか、と思います。

    1945年8月15日にやっと苦しい戦争が終わり、
    その一ヵ月後に亡くなったそうです。

    松本亀次郎さんは、私の母の叔父にあたり、
    その息子さん(母のイトコ)が
    たまたま今の家のご近所に住んでいて
    遊びにうかがったことがあります。

    息子さんといっても、もうお孫さんやご家族と
    悠々自適に老後を過ごしていらっしゃるお年ですが
    引退前は世界を飛び回る商社マンで
    中東や南米などにもいらしたようです。

    ひとつ世代が代われば、国と国との関係なんて
    ガラッと代わるんですよね〜。

    どこかの黒い人たちに操られて
    過去と同じ轍を踏んで
    戦争なんてバカなことには
    絶対にしたくないですね。

    先日、日産スタジアムの東方神起ライブに行ったのですが
    「One and Only One」という歌の歌詞で

    「僕らの上にただ空がひとつ
     同じ屋根の住人(すみびと)」

    というのがあり、

    ほぼラストの曲でみんな歌っているのですが
    7万人の歌はなかなかスゴかったです。

    戦争抑止には、「お互いの国の人や文化が好き!」という
    純粋な萌えのパワー
    相当、役に立つハズ!

    これからも世界平和のために
    好きなものは好き!と萌えて暮らしたいと思います。

    posted by: philiaito | 未来のために | 12:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     
    2013/08/26 10:40 PM
    Posted by: >あっこちゃんへ
    あっこちゃん、ブログ読んでいてくれてありがとう!
    前にあっこちゃんが話してくれた、学校の裏事情なんかも、すごく興味深かったよ。
    また会ったら色々聞かせてね〜。
    2013/08/24 3:48 PM
    Posted by: あっこ
    ともちゃん。この前の記事も、今日の記事も、すごく共感しますー。書いてくれてありがとう。国が違い、生活習慣が違っても、考え方が違っても、違いを認めつつ、いいところも認めあえて、みんなハッピーに過ごしたいって、ほとんどのふつうの人たちは思ってるはずよね!マスコミの発表をうのみにしないで自分で感じること、考えることが大事よね。









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。