<< 病院めぐり | main | サッカー日本代表特集☆吉田麻也選手 >>

病院めぐり 続き

0
    さて病院めぐりの続きですが、その前に、
    そうそう、2014年3月でフィリアも2周年を迎えました。

    岡本ホメオパスとのお祝いの様子はこちら→岡本ホメオパスのブログ

    フィリアの正式名称は「ホメオパシーセンター東京吉祥寺御殿山」です。
    長い(笑)!

    ちょっと長いので通称名をつけているワケですが。
    フィリア(philia)は、ギリシャ語で「友情・相互協力」という意味です。

    クライアントさんがあってこそのフィリアで
    クライアントさんたちに助けられてここまで来ているなあ、としみじみ思います。

    家具を一緒に選んでくれたり、備品をお祝いに買ってくれたり、
    作ってくれたり、HP用の写真をとってくれたりして応援してくれたそれぞれの家族、
    HPを格安で作ってくださった方、お祝いにフィリアに来てくれた友人たち、
    他にも立ち上げのときはたくさんの方にお世話になりました。

    改めて、たくさんの方にお世話になってホメオパシーセンターを運営できていることに感謝です!
    これからも寿命と健康の許す限り、精進しよう、と2周年を迎えて改めて思いました。

    さて、健康を維持するための体のチェック、病院めぐりの続きです。

    生まれて初めて婦人科の検診に行きました。
    吉祥寺ではたいへん有名な産婦人科・水口病院というところです。

    血液検査、それから子宮や卵巣の超音波チェックなどが入っているレディースドックというのを受けました。

    リンクしたHPを見て頂くとなんとなくお分かりかと思いますが
    待合室からして病院全体が「ロココ」!

    「私がマリー・アントワネットです」という人がどこかから出てきそうな・・・
    女性らしさと華麗さ、柔らかさと清潔感に溢れています。

    すべてが物珍しい私は、貼られたポスターなどもすべて入念に見て回りました。
    「マタニティーヨガ」とか、なんだかいいなあ〜、などと思いつつ。

    採血のときも
    「採血、すごく久しぶりだなあ〜。こんなふうにやるんだっけ」とガン見していて
    「自分の血液はこんな色かあ〜」などと思っていたら
    採血してくれていた看護婦さんに
    「そんなにジーって見る方はあんまりいらっしゃらない・・」と言われました(笑)

    そして超音波チェックです。
    この病院は院長先生はじめ、女医さんも多いらしいのですが
    私はたまたま30代くらいに見える男性の先生。

    一瞬、「あれれ?う〜ん」と思いましたが、若い頃ならともかく、私も立派な中年、
    「女医さんが良いです」とか言って別の日にまた予約をとりなおしてくるのも面倒だったので
    まあいいや、とそのまま受けました。

    気になる方は予約時に「女医さんをお願いします」とか言えば良いらしいです。

    下着も脱いで特別なイスに座ります。
    「よろしいですか?」と言われて「はい」と言うと
    イスがグルグルゆっくり回転しながら上にあがっていき、背もたれが倒れて自動的に寝た姿勢になり
    かつ、足を置いている台が左右に開いていき、自然に足おっぴろげー、の体勢になるという椅子。

    「この椅子はよく出来ている!」と感心。
    どこの産婦人科にもあるものなのでしょうかね?

    40代なかばという年頃からしても
    「私も子宮に小さいポリープのひとつやふたつはあるかもな〜」
    とか、
    数年前に排卵日のあたりに左下腹部が軽く痛む、という症状が続いたときがあり
    「病院に検査にいこうかな」と思いつつ自分でホメオパシーのレメディをいろいろとっていたら
    いつの間にか治った、という経験があるので
    「左の卵巣や卵管にはなにか問題があるかも知れないな〜。」とか
    思っていたのですが
    意外にも
    「なんにもないです。キレイなもんです」と言われて拍子抜け。

    1週間ほどして採血の結果を聞きに行きました。
    「もうちょっとで『貧血』のレベルになるくらいの軽い貧血。
     ホルモンの状態は(その年齢にしては)非常に良いですね」とのお言葉。

    「ホルモンの状態、良いんだあ!」と喜んでいたら
    「でもホルモンの状態は1か月とか、下手したら1週間でガラッと変わりますからね!」と
    ビシッと言われました。

    し、知ってますよーだ。

    ホルモン・・内分泌というのはとても精妙なもので
    精神状態、感情の状態にもすぐに影響を受けるのは皆さまご存じの通り。

    今、ホルモンバランス絶不調でもいきなり恋に落ちてLoveLoveになったら
    一週間後には絶好調!つやつやのピカピカです!という風になるものですし、
    その逆もありますからね。

    岡本ホメオパスも私も、常に「萌える(バーチャルな)人々」がいるので
    そこそこホルモンバランス良好で過ごせているかも知れません。
    まあホルモン系のレメディも私は随時、とっているのですが。
    (Iod, Thyr,  Sep, Pulsなどです。)

    そんな感じの産婦人科初体験でした。

    それから、他のお医者さんにも実体験を得るため行ったりして
    非常に面白かったのですが、ちょっとここには書けないので・・
    セミナーなどの雑談時にはお話したりするかも知れません。

    本当に久しぶりに色々な病院に行ってみて、
    「お医者さんも看護婦さんも、みなさんとても真摯に仕事をされている」とも思いましたし
    設備なども昔よりドンドン良くなっているようで、
    昔より「快適さ」などはずいぶん上がっているのではないかと思いました。

    まあ、自分が行ったところは口コミや知人の噂で評判の良いところを選んで行ったので
    よけい、そう思ったのかも知れませんが。

    「病院選びは難しい」とも言われますが
    病院も、また治療法も、自分で徹底的に調べて納得してからかかり、
    決めた後はぶれないで任せてみるのも大事かも知れません。

    また一方ではセカンドオピニオンを求めていくのも良いかも知れません。

    病院も医者もホメオパスも、なんらかの縁があって出会うものかなとも思います。
    出来れば、良い縁に出会いたいものですね。

     
    posted by: philiaito | 健康ネタ | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。