<< トモコ・ジャパン発表! | main | ホメオパス仲間との勉強会 >>

ジュンスのコンサート

0
    ホメオパシーの相談会を終え、
    家に戻り夫の夕食の準備を済ませ、
    ・・いそいそと原宿の代々木第一体育館に駆けつけました。

    もと東方神起の(今はJYJ)のジュンスのコンサートに行ってきました。
    岡本ホメオパスと一緒です。

    6年ほど前、5人の東方神起で活動していたときからのファンです。
    分裂した今でも、5人とも大好きなので、個別のライブに行ったり
    ドラマに出演すれば見たりします。
    5人全員を絶賛応援中です。

    代々木体育館は満員。
    昔は5人で満員にしていた会場ですが、今はジュンス一人でも満員にできてしまうのだなあ〜、と
    しみじみ。

    今も5人それぞれが多くのファンを持つ東方神起の面々ですが、
    「特にジュンスのファンのジュンス愛はスゴイな」と良く思います。
    なんだかジュンスファン全員が「目の中に入れても痛くない孫のジュンス」という感じの慈しみっぷりなんです。

    ちなみに、隣の席には絶対70歳は越えていると思われる優しそうな年配の女性が。
    まさに孫を見るような慈愛溢れる目でいらっしゃいました。

    2年ほど前、国立競技場で「韓国芸能人サッカーチーム」対「日本芸能人サッカーチーム」の試合があり
    ジュンスファンに連れられて行ったのですが
    国立競技場ほぼ全部が1人のために埋めつくされる・・というのを初めて見て
    壮観でした。

    ジュンスは韓国チームのキャプテンでFWでしたが
    ただボールを持つだけで4万人くらいの観衆がどよめき叫ぶという状況に
    アナウンサーがビックリしていました。

    この人は本当〜〜〜に歌が上手く、
    「韓流アイドルでしょ?」と思って聴くと大間違いです。
    岡本ホメオパスと私は「美空ひばり並み」と思っています。

    こちら、隠し撮り的な映像なので音質は良くないですが
    よろしかったら見てくださいませ。→2014/05/13代々木体育館

    コンサートの途中で、ジュンスが
    「これから歌う歌・・昨日は歌っていて泣いてしまったんですけど、今日は
     がんばって泣かずに歌おうと思います」
    と言って歌った曲が
    まさかの昔の東方神起メドレーで・・・
    まさかまさか、権利の関係などがあるので歌うと思わず・・・
    5人時代から分裂のつらい時期などの思い出がよみがえり
    号泣。

    「カンベンしてよ・・、涙腺弱いんだから・・」と思いつつ
    岡本ホメオパスに笑われちゃうかな、と隣を見たら
    隣も号泣してました(^^)

    そして2人で
    「やっぱり私たちの目の黒いうちに、また5人で活動してほしいね」と言いながら帰りました。
     
    posted by: philiaito | 好きなんです! | 00:39 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     
    2014/05/24 12:21 AM
    Posted by: >TSUBOさま
    コメントありがとうございます!
    久しぶりに見たジュンスの生のダンス、
    相変わらずキレキレでした。

    あの分裂時期はつらかった・・泣き暮らしておりましたが、また5人一緒の姿を見る夢は捨ててないですよ〜。

    長生きしなきゃです。
    2014/05/21 8:50 AM
    Posted by: TSUBO
    追記です♪

    遅れてきたファンの私でも過去の経緯を垣間見ると胸が痛むのに、リアルタイムでそれを経験したファンたちはどれだけ辛かっただろうと思います。

    ジュンスが東方神起のメドレーを歌ったそうですが、それはもう号泣だったでしょうね。

    以前から思っていたのですが、「歌」はいったい誰のものなんでしょう。
    作品は作った人、表現する人、それを聴く人がいて成り立つもの。
    その曲を支持し、CDを買い、ライブに行って応援してくれたファンたちがいてこその曲なのに、誰かの都合で聴けないっていうのは、釈然としませんね。
    ・・・といつになく熱くなってしましました。(~_~;)
    2014/05/20 10:07 PM
    Posted by: TSUBO
    うらやましい〜♪♪

    彼は歌も踊りもサッカーも素晴らしいですよね。
    一度、ライブで拝んでみたいです。
    特に踊りが見たいです。









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。