<< 映画「アナと雪の女王」 | main | 武闘派子猫、見参! >>

真菌くんのハナシ

0
    爽やかな五月が終わり、めっきり梅雨っぽい天気になってきましたね。

    しばらく前に、登録販売者(準薬剤師)の講習会があり行ってきました。
    その回のテーマは『真菌』。
    講師は薬科大学の教授です。

    今日は、この季節に活発になる『真菌くん』のおはなしを少し。
    (なぜ真菌に『くん』づけかというのは後述)

    白癬菌属に属する真菌、いわゆるカビが皮膚に変化を起こした状態は
    部位によって呼び名が変わります。
    ◆頭部にでれば=しらくも
    ◆体にでれば=ぜにたむし
    ◆陰部周辺にでれば=いんきんたむし
    ◆足にでれば=みずむし
    ◆爪にでれば=つめみずむし
    という感じです。

    原因は真菌でも見た目の症状はひとつではなく、色々な状態があります。
    ◆紅斑・小水疱=これらは炎症がある状態
    ◆鱗屑(りんせつ)=表皮の角質が肥厚し剥離した状態
    ◆痂疲(かひ)=皮膚が厚く固くなる状態
      爪水虫は爪が肥厚し、もろくなります。

    と、いうような症状の説明のあと、薬の説明に入っていくのですが・・
    薬大の教授いわく、
    「現在、市販されているいわゆる水虫・たむしの薬はとても強力である。
     ゆえに、それらを2週間使っても改善が見られない場合は、その症状は
     水虫・たむしなど真菌が原因のものではなく別の病気による可能性が高いので
     受診勧奨(医者に行くことを薦める)をすること」
    だそうです。

    さて医者に行くと、人によっては(特に爪水虫)飲み薬を処方されます。
    この飲み薬はさらに強力なのだそう。

    どのくらい強いかといいますと、
    「飲むと肝臓にかなり負担がかかるので
    1週間飲んだら3週間休み、血液検査をして肝臓その他の臓器に異常がないか確認したら
    また1週間飲んで3週間休み、異常がないか検査する、これを繰り返す」
    のだそうです。

    う〜ん、いかにも体に悪そう・・自分だったらちょっと飲みたくないなぁ・・・と
    思ってしまいました。

    ちなみに真菌は皮膚についても24時間くらいは
    皮膚内に浸透できないので、毎日ふつうにお風呂に入ったりシャワーを浴びたりしていれば
    うつりません、とも言っていました。

    さて、冒頭に「真菌くん」と書いていましたが
    本当は「真菌さま」と言いたいくらいです。

    真菌さまは、酸性の血液、糖質が多いなどの汚れた、もしくはドロドロした血液が
    大好きです。

    そういう状態になると張り切るわけですが
    そこが綺麗になったら、いなくなってしまいます。

    ようは土壌の問題・・土壌の浄化のために真菌さまは働くらしいのです。

    皮膚症状が出るのは、とてもイヤなものだと思います。
    クライアントさんにも
    「好転反応で鼻水が出ても咳や痰が出ても、高熱が出ても良いけど
     皮膚にブツブツと湿疹ができるのはイヤだ〜」と
    良く言われます。

    若い女性の知人で健康上の悩みがあり、ホメオパシーを受けようかな・・と
    言うので説明していたところ
    「湿疹とかが好転反応で出るかも知れないの?」というので
    「可能性はあるよ」と言ったら引かれました。
    女性はイヤだよね・・わかるわかる、と思いました。

    ただ皮膚症状が出る、ということはやはり
    内側にあるものが原因であり、それを押し出してきているということなんですね。

    だからそんなに嫌わないであげて欲しいな・・真菌さまも、他の症状でも・・と思います。

    『風の谷のナウシカ』という宮崎監督のジブリの映画では
    核戦争後の、放射能で汚れまくった地球に『腐海』と呼ばれる森が広がっています。
    そこの植物や虫は異常に大きく育ったりして不気味ですし、その森の植物が飛ばす胞子は毒なので
    人々は腐海を恐れています。

    しかしナウシカが実験した結果、腐海の植物は汚れた水のときのみ
    毒植物になるのであって、綺麗な水で育てればなんともない、毒の胞子も飛ばさない植物になることがわかります。

    『腐海は、汚れた土壌を浄化しているんです。だから腐海は恐れるものではなくありがたいものだ』
    ということで、
    見ていて、とても体と皮膚症状の関係にも似ているなあ、と思いました。

    ホメオパシーを持ってしても、真菌の根治はなかなか難しいね、という話題は
    前回のホメオパス勉強会でも出ましたが、
    まず、ちょっとレメディをとってみたい、という方には
    「かんじん秘蔵セット」のような内臓サポートや
    サポートAという「対 真菌」のミックスレメディをおすすめします。
     
    posted by: philiaito | 健康ネタ | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。