<< 真弓定夫先生と内海聡先生の講演会 その1 | main | フィリア32回セミナー 「基本キットを使いこなそう(前編)」でした >>

真弓先生と内海先生の講演会 その2 〜牛乳のこと〜

0
    真弓先生と内海先生の講演会で出たお話、その2です。
    今日は「牛乳の話」。
    いきなりホメオパスとしての体験からぶっちゃけます。
    アトピーと喘息の方というのはクライアントさんの中でも多いのですが
    相談会で食生活のことなどもお尋ねします。
    そしてアトピーや喘息の方には特に「牛乳を飲みますか?どのくらい?」ということをお聞きします。
    最近はクライアントさん皆様、食のことにも私以上に詳しい方が多いので
    「飲みません」「たまに少量だけです」という方、
    牛乳のことを良くわかっていらっしゃることも多いです。

    やはり、アトピーや喘息が「牛乳(または乳製品)によって悪化」という方は
    とても多いようです。

    あまり意識せずに牛乳や乳製品をけっこうとっていた
    喘息やアトピーのクライアントさんに、それらを止めていただくだけでかなり良くなる人もいます。

    自分もアトピーがひどかった頃は、牛乳はもちろん、乳製品(特に生クリーム)を
    食べるとテキメンに悪化していました。

    慢性的に咳が出ていたお子さんが、牛乳を止めたらほとんど治ったことも。

    そして真弓先生と内海先生も、バリバリの「牛乳反対派」でした。

    真弓先生
    「あんなものを生まれたときから飲ませていたら、そりゃおかしくなるよ。」
    と言い切っていらっしゃいました。カッコいい・・【惚】

    そして、「さすが年の功!」という話をしてくださいました。

    なぜ日本人は牛乳を飲むようになったか。
    特に粉ミルク・学校給食などで、子供のバンバン飲ませるようになったか?

    そこに「母子手帳」の話も関わってきます。

    母子手帳というのはもともとアメリカで作られ、
    アメリカ政府から日本政府に向けて「こういうものを作りなさいよ〜」と命が来て
    日本でも作られはじめたそうです。

    (そこにはモチロン「うけるべき予防接種」というのも書かれています)

    日本で母子手帳を母親に持たせ始めた1920年から1927年まで、
    母子手帳の最後のページに、「これ(手帳)を作った企業名」が載っていたそうです。

    そこには
    「〇印乳業・明〇乳業・森〇乳業」の名前が!

    つまり、政府と民間企業と結託して
    ものすごい量の牛乳を国民が日常的に消費するように仕向けて行った、ということですよね。

    「日本国民はもっとカルシウムをとるべきだから」なんてもっともらしく
    言ったようですが
    明治時代になるまでは、牛乳というものを飲む習慣はなくとも
    じゅうぶん骨の丈夫な日本人が育っていたと思うのですが。

    そして、牧畜酪農中心の民族でなかった日本人には
    牛乳を消化する酵素が無い、または少ない人も多いため
    アレルギーの素となっているところもあります。

    また、自分も実感することですが、どうも牛乳や乳製品をとると
    体の中で「粘液が多くなる」気がします。
    喘息の方たちなどは、粘液が肺にたまりゼロゼロし、
    アトピーも浸出液が多くなる気がします(自分がそうでした)

    ・・と、ここまで書いてなんですが
    「牛乳=毒」ではないです。

    ただ、牛乳の飲み方(量・頻度)と質が問題なのだと思います。

    牛乳は、古いインド医学では「主な50の薬」のひとつだそうです。
    効能は「病後の滋養強壮の薬」などと書いてあるそうです。

    昔、仏陀のお話を読んでいたとき
    修行のときに木の下で長く断食をするくだりが出てきました。
    その修行を終えた仏陀は痩せこけて骨皮になっているのですが
    そこにスジャータという娘さんが「牛乳粥」を持ってきて
    それを食べて仏陀が元気回復〜!!という話がありました。

    牛乳は万能の栄養食品、などと言われていましたが
    断食明けくらいヘロヘロのときにとって栄養をつける、というほどの
    スーパーパワー栄養食、ということですよね。

    何事も「ほどほど」とか「適量」というのは大事なことなのに
    そんなスーパーパワー食品をザブザブ飲んでいたら
    それは栄養過多・粘液過多にもなるわ〜、と思います。

    毒じゃないですから、怯える必要はないですが
    もっと少量を大事にたま〜に飲むべきものなのでしょう。

    そして現代の牛乳は「質」も問題です。
    乳牛たちにたくさん牛乳を出させるため
    ホルモン剤が大量に投与されていますから
    その害も気になります。

    と、こんなことを書いている私は、実は乳製品がかなり好きです。
    チーズ・ヨーグルト・バター、好物です。
    普通に食べたりしているのですが、多すぎないよう
    嗜好品・贅沢品、と思って大事に食べています。

    生の牛乳をザブザブ飲むということはしていません。

    何事も『過ぎたるは及ばざるがごとし」と思いつつ、
    じっくり考えつつ食べたり飲んだりしていかないとな、と思います。
    posted by: philiaito | 未来のために | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。