<< 33回フィリアセミナーでした | main | 動物王国 >>

少女マンガ礼讃

0
    先日、誕生日に友人が
    「これ、プレゼント♪」と言ってこの本をくれました。


    「あの頃、わたしたちをトキメかせた300作品以上を徹底ガイド
     大人の少女マンガ手帖」です。

    私は、少女マンガの全盛期に、かなり少女マンガに恵まれた環境に居て
    読みまくって育ったのです。

    確か小学3〜4年生のとき、ある日突然、母親が
    「これは凄く良いマンガだから読みなさい。1日1冊ね♪」と、
    「ベルサイユのバラ」の1巻を渡してきました。

    そう、この表紙の男装の麗人オスカル、そしてマリー・アントワネットを軸に
    フランス革命を描いた名作中の名作!です。

    この本のランキングでも堂々の1位!
    不動の1位だな〜と思わせてくれる絢爛豪華な歴史絵巻です。
    清教徒革命もスペイン動乱もロシア革命も詳しくないけど
    フランス革命だけには妙に詳しい女子が続出しました。

    それにしても、番外編を入れて全10巻ある「ベルサイユのバラ」、
    8巻あたりにはガッツリ濡れ場もあるのですが、わが母上はどう思ってたんでしょうかね・・・
    1学年下の妹と、「小学生なのに、いいのかね〜」と言いながら読んでました。

    ランキング2位は「ガラスの仮面」。

    平凡で地味だが演技には天才的な才能を持つ北島マヤと、
    演劇界のサラブレッドという血筋と美貌に恵まれながら実は努力の人、姫川亜弓の
    宿命のライバルが幻の名作「紅天女」を争っていく演劇モノ。

    「このキラキラ目が男の人は苦手かもな〜」と思いますが
    男性も読んだら絶対、はまります。
    絵柄は少女マンガ的ですが、内容はほとんど「巨人の星」「あしたのジョー」ですから。

    3位は「はいからさんが通る」。

    大正時代を舞台に、袴の女学生・紅緒の恋と成長が描かれます。
    「ロマンチック・ラブコメディ」などと謳われるこのマンガですが、
    なかなかどうして、「女の生きざま」を描いているな〜と思います。

    この絵の紅緒(ヒロイン)は、まだ女学生。17歳くらいでしょうか。
    物語のはじめは、こんな風に無邪気な乙女なのですが、許嫁が出征しシベリアで戦死します。
    しかし髪を切り、許嫁の家に留まり、新聞記者など仕事をしながら
    許嫁の祖父母の面倒を見て暮らします。
    社会活動家と間違えられて刑務所に入れられたり
    満州に許嫁を探しに行ったり
    酒乱で暴れてみたり・・と
    なかなかタイヘンな人生です。
    でも決してジメジメしないところが良いんです。

    他にも
    4位「風と木の詩」竹宮惠子
    5位「生徒諸君!」庄司陽子
    6位「ポーの一族」萩尾望都
    7位「王家の紋章」細川智恵子
    8位「スケバン刑事」和田慎二
    9位「エースをねらえ!」山本鈴美香
    10位「たそがれ時に見つけたの」陸奥A子
    などなど・・

    ほぼ全部読んでいた自分ってスゴイ、
    いや、母、叔母、祖母などがみんなして買ってくれたという環境が
    スゴかった、などと色々懐かしく思い出しました。

    私や妹がどうやら「マンガ」というものが好きらしい、と
    知った祖母がある日、
    「マンガを買ってきてあげたよ〜」と
    渡してきたのは
    「アリエスの乙女たち」里中満智子。

    嬉しいんだけど、おばあちゃん、それ7巻だよ・・
    いきなりで話がわからないよ〜・・
    と思いました。
    (しかもシリアスに愛に苦悩する話で流石に小学生には早かったです)

    絵本と違って同じタイトルで何巻もある、とは思わなかった祖母でした。

    他にも「キャンディ・キャンディ」「エロイカより愛をこめて」
    「砂の城」「悪魔の花嫁」「愛のアランフェス」「おはようスパンク」
    「エイリアン通り」・・
    たくさん読んでましたねえ〜。

    友達の中には「マンガを読むとバカになるから」と
    親御さんが読ませてくれない、という子もいました。

    私や妹は読みまくっていたので、まあ、ちょっとそのために
    おバカさんになったところもあるかなあ、と思いますが
    それ以上のものを与えてくれたんじゃないかと思います。

    上記の1〜3位の3作品などは特にそうでしたが
    「人間として正しい生き方とはなにか」
    「どういう姿勢で人生を生きるのがいいのか」とか
    教わった気がします。

    いきなりですが「(岡本ホメオパスと)仲が良いですね」
    良く言われます。

    2人が仲良くなったきっかけのひとつは
    「少女マンガ」でした。

    お互い、かなりの「少女マンガ読み」で
    「マンガの読み込みには自信があった」のです(笑)
    少女マンガの話をしたところ、
    2人の剣豪が出会ったときのように
    「おぬし、できるな・・」
    思ったのでした。

    上位3作品はおそらく一言一句暗記が出来ている2人です。
    そんな(少女マンガが結ぶ絆の)2人のフィリアを
    これからもどうぞよろしくお願いいたします(^^)
    posted by: philiaito | 好きなんです! | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://philiaito.jugem.jp/trackback/302