<< 第36回セミナー 「はじめての人のためのホメオパシー」でした | main | 第37回セミナー 「ホメオパシーとメンタルケア」 >>

梅シロップできました(^^)

0
    今年の夏は暑かったですね。
    立秋も過ぎ、暑さも少し一段落でしょうか。

    さて、6/11に仕込んだ梅シロップ・・ずいぶんほったらかしていましたが


    約1か月後、こんな感じになりました。

    ちゃんと両方のビンを平等に扱い、夜、寝る前に同じようにブンブン振っていたのに
    ・・なんでこうも違ってきたのか?!

    これは、左のビンがいわゆる『成功』
    右のビンが『ちょっと失敗』の例です。

    梅が萎まない=梅のエキスが出てきていない、ということなので
    こういう風に、萎むのが正しいそうです。


    ただ、梅が萎まない方も
    「あ〜、失敗だ〜、捨てるしかない」と、言うことはなく
    一度梅を取り出して、数分、シロップを煮沸すれば飲めるそう。
    萎んだ方に比べてエキスがしっかり出なかったので美味しさは劣るのでしょうが
    飲めることは飲める、

    ・・・と、ネットに書いてありました(笑)
    私はネット情報を大活用しつつ作りましたが、
    こういうのは本当は、おばあちゃんやお母さんなんかと
    一緒に漬けて覚えるのが良いんでしょうね。

    漬けて1ヶ月くらいが梅を取り出すタイミングなのですが
    それより更に3週間くらいオーバーしてから梅を取り出しました。

    「成功」ビンに入っていた梅。
    クシュクシュに萎んでいます。

    一瞬、「ヨーグルトに入れて食べたら美味しいかな?」と
    思ったのですが
    この梅はもう、エキスができった『出がらし』なので
    捨てるしかありません・・・と、ネットに書いてありました(笑)

    そしてこちらが、出来上がった梅シロップです(^^)

    なかなか深みのある綺麗な色です♪

    甘くない炭酸水で割って飲んでみました。
    しゅ
    シュワッと爽やかです☆
    疲れがとれそうな感じです。

    しかし、うかうかしていたせいで、真夏が過ぎてしまい、もうすぐ秋・・という
    時期になってしまいました。
    せっかく作ったのにな〜・・と思っていたのですが
    「梅シロップは涼しい季節になったら、お湯で割ってホットにしても美味しいです♪」
    ・・と、ネットに書いてあったので(3度目)
    暑いうちは炭酸水&氷で割って、
    涼しくなってきたらホットで飲みます。
    紅茶を濃く入れて、割ってみるのも美味しいかも知れないな〜と
    想像。

    来年は、両ビンとも成功するように気をつけつつ、また作ってみたいなと思います。
    posted by: philiaito | 美味なるもの | 09:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     
    2015/08/24 11:04 AM
    Posted by: >Lotusさま
    >Lotusさま
    いつも読んでくださってありがとうございます!
    どうやら、しぼまなかった方は雑菌が入ったことが原因らしいのです。
    それなので、しっかり煮沸してから飲め、と書いてありました。
    既にたくさん飲んでいますがお腹は壊していないです(^^)
    命名「疲れ酢」美味しそうですね。
    Lotusさまの寒天ブームその後も気になります。
    2015/08/23 11:47 PM
    Posted by: Lotus
    梅シロップその後、待ってました♪
    不思議ですねぇ、同じように瓶を振っても違うなんて!

    オールシーズン楽しめるんですね、ほんと美味しそう(^-^)

    私はもっとお手軽に、りんご酢、ハチミツ、レモンで「疲れ酢」というのを作って炭酸水で割って最近飲んでます(^^)v









    トラックバック
     
    http://philiaito.jugem.jp/trackback/314