<< フィリア3,5周年の小旅行 | main | 横浜での講演会お知らせ&猫惚気(ねこノロケ) >>

香港に行ってきました

0
    めっきり秋らしくなってきましたね。
    シルバーウイーク、いかがお過ごしでしたでしょうか。

    私は、遅い夏休みで香港に行ってきました。

    日本は涼しくなってきて快適な今日この頃ですが
    香港はまだまだ真夏。
    毎日30度を超える中を歩き回るので
    脱水気味になり=Chin(チャイナ)を舐め舐め
     (今や中国Chinである香港で、Chinをとるとはこれいかに)
    蟹などの海鮮を食べた後、用心のためにLyc(ライコポディウム)をとり、
    食べ過ぎたかな、と思えばNux-v(ナックスボミカ)をとり、
    歩き疲れをとるため、飛行機でのエコノミー症候群予防のためにArn(アーニカ)をとり、
    色々なレメディにお世話になりつつ旅してきました。

    ちなみに、海老、蟹、牡蛎などにあたったときはLyc(ライコポディウム)がNO1ですが
    一緒にArs(アーセニカム)Apis(エイピス)などもとると良いです。
    「まだお腹は壊してないけど、海鮮が大好きでたくさん食べる」なら
    予防的にLycだけとりながら食べても可です。

    私は初めての香港だったのですが、同年代の友人たちに聞くと
    みんな「香港ブーム」だった1990年代に旅行に行ったことがある模様。
    確かに当時、ウォン・カーウァイ監督の「恋する惑星」「欲望の翼」などが大ヒットしていましたね。
    私も好きでした!
    実は香港旅行は10年ほど前に一度、大好転反応で高熱が出て
    直前で行けなくなったため、今回はリベンジでした。

    やはり夜のほうが「ザ・香港」な雰囲気になってきます。

    香港の人はみんなエネルギッシュでギラギラしていますが、看板もギラギラ。

    街角には深夜になっても人があふれています。

    香港で、なぜか京都弁で勧誘されます。

    そして、こんな電光看板が!
    実は今、香港のみならず、中国全土で肝油がなぜか大流行。
    「爆買」されているので、日本の店頭には全くありません。

    これは香港最大の道教寺院「黄大仙(ウォンダイシン)」の門。
    その横には、英国統治時代の名残を感じさせるクラシックな街頭。
    奥には現代の香港を表すスカイスクレイパーがそびえる・・という
    香港の多面的な感じが一枚の写真におさまりました。


    さて、初香港なので「ザ・観光地」に一通り行きました。

    金魚を売る店が連なる「金魚街(通菜街/トンチョイガイ)」や


    花屋さんが並ぶ「花屋街」。


    鳥屋さんが集まる「バードガーデン(雀鳥花園)」。

    鳥籠の細工が美しいです。
    全部に鳥が入っていて、鳴き声も楽しいのです。
    埃っぽく緑の少ない香港で、癒される空間。

    このおじさんたちは、鳥を売るためではなく
    「見せびらかして自慢するため」に来ています。
    姿や声の美しい自分の愛鳥を連れてきて、見せっこ。
    帰る時間が来ると、自分の鳥籠をぶらさげてプラプラと帰っていきます。
    ノンキ・・な空気が流れています。

    今回の旅行でチラチラと見かけて、「こういうところは香港、とても良いなあ」と思ったのが
    「若者のクリエイティビティ・創造性を政府が後押ししている」
    言うことでした。

    (中国に返還され、その一部となった香港ですが特別行政区政府があり、
     ほぼ自治している感じのようです)

    例えば、こちら。
    昨年、香港島のソーホーの一角に誕生したアートの新名所。
    PMQと言います。

    古い警察宿舎を政府と民間が協力してリフォーム、
    「何かをやりたい」若者たちの拠点に提供しています。

    中庭にはオブジェ風の椅子があり、みんな思い思いに使っています。
    このスペースの展示はドンドン変わるそうです。

    建物の中に入ると、1室1室が個性的。
    「パン屋をやりたい!」という人はパン屋を
    「世界一美味しいコーヒーを飲ませるぜ!」という人はコーヒーショップを
    「ジュエリーを作って販売したい」という人は工房&店をやっています。



    入居?条件は「オリジナリティがあること」らしいです。


    この土瓶型のチョコムース、可愛かったです(^^)

    街角にも「セレブレイト・アート【芸術に祝福を!】」の文字が。


    また、京劇も見に行ったのですが、これも、街角の一時は廃れた劇場を
    政府が綺麗にし、若手演出家や若手の京劇俳優の活躍の場を
    作ったようです。


    歌舞伎と同じく、出演者はすべて男性。
    女性の役は「女形」の俳優さんがやるのですが
    声も姿も本当に美しく、男性とは思えませんでした。

    そしてこちらは、「ブロードウェイ・シネマテーク(百老電影中心)」という
    シアター、カフェ、ブックショップなどの複合施設。

    「Thats why I Love moviessss! (だから映画が好きなんだ!)」って書いてありますね。
    ここも半官半民プロジェクトで作られ、若手クリエイターたちの発信場所になっているそう。

    この建物の、ほぼすぐ裏には

    「戦後の闇市?」みたいな埃と喧騒の市場があるのが香港らしいです。

    シネマテークの中はとてもセンスが良く

    ずっと居座りたいような素敵カフェ「キューブリック」や
    (「2001年宇宙の旅」などの名監督スタンリー・キューブリックからの名前です)

    ものすごく品ぞろえの良いブックショップも併設されていました。

    なぜ、急にものすごく品ぞろえの良いが、大きく赤くなっているかと言うと

    感じの良い装丁になっている太宰治や向田邦子などの日本の本が
    たくさんあったのはモチロン、
    私がファンである「暮らしの手帖」編集長の松浦弥太郎さんの本もあったり

    なんとなんと、「同類療法」=ホメオパシーの本まであったから!
    です(^^)

    中国は、なにせ中国三千年の中医学が、立派な自然療法としてあるので
    なかなかホメオパシーが入っていかない、定着しない、と
    聞いたこともあったので
    香港のアート系のブックショップにあったことは嬉しい驚きでした。

    古い味のあるものから、最新のものまで、本当に味のある街でした、香港。
    まだまだ見たりない、食べたりないので、いつかまた訪れてみたいです。

    次回は、中医学体験(お灸、カッピング、気功、漢方薬局に行く)など
    してみたいな、などと思いました。
    posted by: philiaito | 旅行 | 23:13 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     
    2015/10/27 9:36 AM
    Posted by: rita-youko
    20代の頃、「難民を助かる会」で香港難民キャンプに行ったきりです。飛行場からして並外れた生きる力にみなぎった都市だな〜って思ったけど、今の香港も味わってみたいです。









    トラックバック
     
    http://philiaito.jugem.jp/trackback/318