<< 第40回フィリアセミナー「冬のレメディ実践セミナー」&ミセス高田の林檎と胡桃のケーキ | main | ノーブラでいこう >>

2016年 あけましておめでとうございます

0
    あけましておめでとうございます(^^)
    12月から年明けまで、なんとなく落ち着いてブログを書く暇なく来てしまいました。
    普通の日常にもどり、ホッと一息。

    みなさま、クリスマスなどはどうお過ごしでしたか?
    私は12/18に封切られた「STAR WARS 〜フォースの覚醒〜」を見に行って来ました。

    ワタクシ、12歳くらいからの筋金入りのSTAR WARSファンなのです。つまりオタク・・。


    この本、1983年のものです。(自分は当時15歳)
    STAR WARSの一番初めの3部作の3作目「Return of The JEDI(ジェダイの帰還)」のときに
    発行されたもの。
    右上に「590円」と値段があるのが時代を感じさせますねえ。

    中もレトロ。
    こんなイラストがあったり(笑)

    左からハン・ソロ(ハリソン・フォード)
    ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)
    レイア姫(キャリ・フィッシャー)。


    当時、男の色気満々だったハリソン・フォードが好きでした〜。(おませさん)
    (主役のマーク・ハミルは金髪サラサラの純な青年でした)

    こちらは先日買った、最新のSTARWARS特集。

    新旧比べるて読むと面白いです。

    STAR WARSは、1970〜80年代に作られた旧3部作と
    1999年からの新3部作、
    そして今、上映されているものを合わせて現在7作品あります。

    今回の最新作はかなり良く出来ていて面白かったのですが
    旧3部作を見ていない方は、ぜひぜひそちらも見て頂くのをオススメ!します。

    旧作の面白さは「当時はCGがなかった」ということにつきるかも。
    ですから、出てくるものはほとんどがしっかり作られたミニチュアや
    巨大なセット、とにかく「実物」なんです。
    今見ても、「実物」の存在感、質感はすごいんですよ〜。
    爆発とか、本当に爆発させていますからやはり迫力がスゴイ。


    悪モノたちの巨大基地として建設中のデス・スターのミニチュアと
    ジョージ・ルーカス監督です。

    STAR WARSを全く知らない方のために超カンタン説明をしますと
    遠い遠い昔、遥か銀河系の彼方で
    宇宙規模で、悪モノと良いモノに分れて大戦争をしている時代の話。

    良いモノの側に「ジェダイ」と呼ばれる騎士軍団がいます。
    ジェダイ騎士たちは、一番わかりやすく言うと「超・気功の達人軍団」みたいな感じです。
    Force(フォース)と呼ばれる、気のようなものを操るのです。
    戦い方はドラゴンボールなどにも似ているかも知れません。
    レーザー砲や、惑星ひとつふっとばすほどのビーム砲がある時代ですが
    それでも最強なのは、このジェダイ軍団なのです。

    そのジェダイ騎士団の中でも最強の騎士と言われたのがヨーダ。

    この方です。
    映画の中では「マスター(師匠)・ヨーダ」と呼ばれます。
    パッと見は、身長1mもないヨボヨボのボケかけたおじいちゃんみたいですが
    戦うと最高に強くカッコいいのです。

    「Force(フォース)」という言葉は英語で「力」という意味でしたが
    STAR WARSのおかげで、おそらく世界中で「気」という意味にとられるようになりました。

    「気功」の概念や「気」の力を、もとはそういうものがなかった西洋世界に
    ものすごい宣伝力で知らしめたのがSTAR WARSと言えましょう。

    さて、ホメオパシーをご存知の方は知っている言葉「バイタルフォース」。
    これは200年前にホメオパシーの始祖ハーネマンが使い出した言葉。

    「フォース」と「バイタルフォース」、意味は少し違いますが
    両方、目に見えない「気のようなもの」を表しているのです。

    フォースやバイタルフォースが大きい・もしくは強いのは良いことだ!という概念も同じです。

    それなので、今、STAR WARSを見ると
    子供の頃、見ていたのとは違う気持ちで「Force」という言葉を聞きます。

    映画の中での決めゼリフがあります。
    「May the Force be with you」=「フォースと共にあらんことを」

    出撃するジェダイ騎士に他の騎士が、武運と無事をこめて言ったりするのです。
    カッコいい場面です。

    しかしジョージ・ルーカス監督、古来、西洋世界ではそういうとき
    「May the God be with you」=「神と共にあらんことを」
    と言ったりするのですが
    God=Forceに代えてしまったわけで、大胆だな〜と感心。

    ホメオパスである私は
    「May the Vitalforce be with you」=「バイタルフォースと共にあらんことを」
    決めゼリフでしょうか。

    今年も自分のバイタルフォースがブンブンと大きく元気に回っていますように
    クライアントのみなさんのバイタルフォースもブンブン回るよう、元気にして
    さしあげることができますように。

    みなさまが、素晴らしい強いバイタルフォースと共にあらんことを!

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。
     
    posted by: philiaito | - | 21:04 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     
    2016/02/14 9:52 AM
    Posted by: >狭間智子さま
    狭間智子さま
    コメント嬉しいです!
    そして、充実した毎日とのこと、更に嬉しいです(^^)
    またぜひ、セミナーなどにもいらしてくださいね。
    またお会いしましょう!
    2016/01/28 9:36 PM
    Posted by: 狭間智子
    おひさしぶりです!
    充実した毎日になかなかブログ開けずにいました。久しぶりに開いたらやっぱり伊藤さん楽しい!またお会いしたくなりました(^ω^)









    トラックバック
     
    http://philiaito.jugem.jp/trackback/324