<< 「黄金を抱いて翔べ」 + マヤズム | main | 第5回セミナーでした☆ >>

「トロイラスとクレシダ」 観に行く前に・・・

0


    週末に、友人の妹さんのお招きでお芝居を見に行くことに。

    演出は、かの! 「世界のニナガワ」 蜷川幸雄さん です。

    (そういえば先日は、娘である蜷川実花さん監督の映画 『ヘルタースケルター』 も見ました。
     蜷川親子の才能を楽しむ夏・・・)

    しかしながら、上演されるシェイクスピア原作の 『トロイラスとクレシダ』というお話をサッパリ知らないため、
    少しネットで調べたものの・・・

    シェイクスピアの中では 「問題作」 とされる作品らしく、あらすじを読んでも、なお、
    どんなお話かピンと来ません。

    トロイ戦争の中、愛を誓ったトロイラスとクレシダは引き裂かれて・・・
    って、ロミオとジュリエット的な話かと思いきや、
    クレシダは別の武将に言い寄られて浮気?
    トロイラスは大嫉妬、
    これは喜劇? とおもいきや、
    そうでもない、という・・・



    ところで我が家には、ビックリするほど物がないのですが、しかしダンナ所有の本とCDだけは
    大量にあります。

    本の趣味が全然違う夫婦なので、お互いがお互いの本に全く手を出さないのですが・・・

    ダンナは 政治・経済・文学・音楽・スポーツにおいては私より知識が豊富なので

    聞いてみました。

    「シェイクスピアの劇を見に行くんだけど・・・『トロイラスとクレシダ』っていうの。
     知ってる?」

    (まさか知らないよねえ〜)という含みで言ったのに、

    本棚から、スッと出してきて差し出されたのがこの本。

    しかも付箋がついてるし(笑

    シェイクスピアが一通り揃ってましたウチの本棚。
    ぜんぜん読んでいませんが!

    ちなみに・・・ざっくり読んでみましたが・・・
    正直あまりわからない! オモシロさが!

    これは世界のニナガワによって素晴らしく仕立てられたであろう舞台を
    物知らずなりの素直な心で見てみればいいのかな、と思いなおしました。

    ところで、付箋がついているページには、何かダンナの心に感銘を与えるとか、
    名セリフとかがあるのかな・・・と思って読みましたが、

    それもサッパリわからなかったです(−−)


    posted by: philiaito | | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。