<< 高野山 | main | 井之頭弁財天様にて >>

第56回セミナー「キッズキットを使いこなす!【後編】」&素晴らしいソーファー様たち

0

    6/18(日)はフィリアにて、

    「キッズキットを使いこなそう!【後編】」でした。

     

    今回もほぼ満席&ピカピカの可愛い赤ちゃんも来てくれて

    和やかでした〜。

     

    写真を撮り忘れたのですが、今回のスイーツは

    近くの「安政2年創業 俵屋の 水饅頭 または 鮎」でした。

    この季節は涼しげな和菓子が食べたくなりますね。

     

    今回のセミナーに出てきたレメディをひとつ、取り上げよう、どれにしようかな、と思い

    セミナーの画面を見ていたら、ある思い出が浮かんできたので今回は

    レメディSulph(ソーファー)にしようと思います。

     

    Sulphは「硫黄」から作られるレメディです。

    ホメオパシーの創始者ハーネマンが作ったレメディのひとつで

    ホメオパシーの初期の初期から使われています。

     

    そして、根本体質レメディのひとつでもあり

    ポリクレストと呼ばれる、ある意味、万能なレメディのひとつでもあります。

     

    「大きなレメディ」というような言い方もします。

    Sulphは、あらゆる内臓の問題(特に腸)・皮膚の症状・毒だし・体質、性質改善・

    遺伝的傾向を変えていくためのアプローチ・・・などなど

    すごくたくさんのことに力を発揮するので

    「これだけに特化しているレメディですよ〜」とは

    逆に言いづらかったりします。

     

    特に「Sulphが根本体質」と言う人には、より、Sulphは効くと言えます。

     

    では「典型的なSulphさん」はどんな感じ?かというと

    これがワタクシ作のSulphさんの絵です。

     

    ご存じ、横溝正史の小説に登場する名探偵・金田一耕介です。

    特徴は

    「マイペース」

    「頭が良く好奇心旺盛。ひとつのこと(事件など)に没頭すると

     他のことは目に入らなくなる」

    「部屋が散らかっていても平気、自分の身なりもボロでも平気、

     人がなんといおうと気にしない」

    「暑がりで、素足に下駄」 など。

     

    そして、これは金田一耕介の特徴、というワケではないですが

    「朝食をしっかり食べても午前11時にはもうおなかがすく」

      (低血糖とも代謝がとても良いとも言える)

    「分泌物の出方が盛ん(鼻水、痰、膿などの出方が勢いが良い)」

    「痔になりやすい」  などなど。

     

    現実世界では、この方!

    「Sulphっぽいなあ〜」とテレビを見ると思います。

    頭は抜群に良い、マイペース、あんまり身なりを構わなさそう・・

     

    ちなみに「ホメオパシーin Japan」にある由井寅子先生作の

    Sulphさんは、これです。

    「自由人」

    「自然児」

    「のびのびしている」という

    Sulphの感じが良く出ているなあ〜、流石!と思います。

     

    「Sulphさんたち」として思い出していたのが

    自分が32歳ころにテレビ業界で仕事をしていたときにお会いした

    大学教授の方々です。

     

    某大学による「放送大学」を作っていたのですが

    講義をしていただく

    早稲田や東大の教授の皆様と、番組について綿密な打ち合わせをするのが

    私の仕事でした。

     

    1時間×10~20回ほども収録をするのですが

    そのための画面原稿を頂いて、ときには

    「先生、ここを直してください」なんて言わなくてはなりません。

     

    収録を始める前は

    「50代から80代のおエライ教授陣、もしかして威張っていたりするのかしら・・・

     コワイ人とかエラそうな人だったらイヤだなあ・・・」なんて

    思っていたのです。

     

    しかし!

    全く逆!でした。

    10人以上の教授の方々と仕事をしましたが、威張った人、コワイ人は皆無で

    みなさま本当に優しく・・タイプ的にはSulphのような方ばかりだったのです。

    もちろん、それぞれ性格は違うわけですが共通項がありました。

     

    ◎素直

    ◎のびのびしている

    ◎誰にでも態度が同じ

    ◎基本、元気でタフ、良く食べる

    ◎明るい・・どちらかというと能天気なほどに

    ◎「見栄っ張り」という面が無い

     

    なんだか失礼なことを書いているような気がしますが(笑)

    こんな感じだったのです。

    子供のころから頭が良くて、夢中になれるものを見つけて一心にやってきたら

    知らないうちに有名大学の教授になってました・・というパターンなんですよね。

     

    テレビ業界の「ロケ弁」的なものはピンからキリまでありますが

    この放送収録のときは、「多忙で偉い教授陣に無理いってやっていただいているから〜」と

    スポンサーから豪華弁当が出ていました。

     

    最年長の82歳くらいだった東大名誉教授は、お弁当を出した途端こういいました。

    「わあ!豪華なお弁当だなあ〜。美味しそうだね。

     いいなあ〜。みんな(撮影スタッフのこと)いつもこんな良いお弁当食べてるの?」

     

    字で書くと子供が言ったみたいな言葉ですが、本当にこう言われました(^^)

    ものすごい教授なのに、ものすごく可愛い方なんです。

     

    「僕はね〜、朝は早いから早〜く大学に行って、お昼になったら助手の学生さんに 

     アジフライ弁当買ってきてもらうの。それで午後4時くらいになったらもう帰ってね

     家で某アニメを見て夕ご飯食べて寝るの」

     

    と、言っていらっしゃいました。

     

    50代くらいのイケメン・ロマンスグレーの教授は、同年配のディレクターさんに

    「〇○さんは、家事を手伝わないんですか?いいなあ〜。僕、手伝わないと奥さんに怒られるから・・・」と

    言っていました(笑)

     

    ホメオパスの間で

    「あなた、Sulphぽくなってきたね」とか

    「おたくのお子さんは本当にSulphだね」とかは

    褒め言葉です。

     

    「のびのびして、何にも捕らわれないで、生まれたままの気質を抑えず、子供のように純粋な好奇心を持って

     陽気に楽しく生きているね!」 と、いうようなニュアンスだからです。

     

    Sulphは、毒だしのレメディでもあるので摂ると

    なんらかの形で(たとえば湿疹など)体の外に毒素が出てくることもあります。

    湿疹が出たら嬉しくないか知れませんが、体の中に溜め込んでいるよりは

    やっぱり良い。

     

    「私はまだまだかな?」と思うこともありますが

    もっとレメディをSulph含め色々とって、ドンドン出して

    上記のような素敵Sulphさんに近づけたら良いな〜と思います。

    posted by: philiaito | ホメオパシー | 21:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     
    2017/07/02 6:31 PM
    Posted by: >Lotusさま
    茂木さんにお会いになったことがあるんですね!良いなあ〜。私的にはイケメン枠なんです(^^)
    マルのことまで・・ありがとうございます!
    Lotusさんのためにだけでも載せようかしら(笑)
    2017/06/28 12:06 PM
    Posted by: Lotus
    伊藤ホメオパスは十分のびのびしててソーファーぽいと思いますよ(^^)

    大学の教授ってほんとぉに子どもがそのまま大人になった人が多いですよねー。特に男性!

    茂木さんとは以前、雑誌の座談会に参加した時にご一緒しましたが、本当に無邪気で身体が大きい少年という雰囲気でした。
    何も構ってない風に見えるんですが、あの天パーといい服装といい、雰囲気があ
    って独特なカッコ良さでした♪

    最近のまるちゃんはどんなんでしょうか?またブログで会えるの楽しみにしております(^O^)









    トラックバック
     
    http://philiaito.jugem.jp/trackback/352