<< 「7つの大罪」と「新・7つの大罪」 | main | NHKスペシャル 免疫細胞、カッコいい〜! >>

第59回フィリアセミナー「メンタルケアのためのホメオパシー」でした

0

    先日の日曜日は恒例のフィリアのセミナー、

    今回は「メンタルケアのためのホメオパシー」でした。

     

    前半は、現代医学での精神医療の実情を私がお話し

    後半は、「ウツ」「不眠」など、実際の状態にどのレメディを使うか

    具体的なケアのお話を岡本ホメオパスがしました。

     

    (逆光になってしまいました汗)

     

    薬害のひとつに「便秘」があるのは有名ですが

    向精神薬で起こる便秘は凄まじいものがあり

    精神病院に入院して多量の薬を飲んでいる患者さんが

    一か月便が出なくて、腸が破裂したりすることも珍しくない・・という

    オドロ怖いような話をして

    皆さんを怯えさせた後に、

    出席者の方の天使のような娘さんと

    楽しく1時間くらい遊んでしまいました。

     

    まだ3〜4歳のその女の子は

    全く人見知りしなくて天真爛漫・天衣無縫という感じで

    ちょっとお姫さまキャラ。

    「お風呂に入って!(狭いバスルームをご希望)

     ご本読んで! 

     おひざ!抱っこ!」

    と要求され、フィリアのバスルームでギュウギュウになりながら姫を膝に乗せて絵本を読み

    出来る限りご要望にお応えしている召使体質のワタシでした。

     

    全然ガマンせずに欲求を表現する姫に絵本を読みつつ

    「やはり、メンタルを病む原因は抑圧なんだなあ〜」と

    思うのでした。

     

    みんな生まれたときは、天衣無縫だったのが

    親や学校や周囲の人々や環境にギュウギュウされて

    ガマンにガマンを重ねて

    自分の正直な感情を抑圧しているうちに

    本当の感情がわからなくなってしまったり

    感情を抑圧しすぎて窒息しそうになってきたり

    おなかが痛くなったり

    果ては不眠になったりパニックになったり

    するんだなあ、と思います。

     

    特に

    ◆日本人である

    ◆真面目なタイプである

    ◆優しい系である

    ◆長男・長女である

    ◆A型である

    などの人は、自分の正直な感情を抑圧しないように、

    ガマンしすぎないように! 

     

    と、上記すべてに当てはまるワタクシは思うのでした。

     

    さて今日のスイーツは栗羊羹と、「あけぼの」の「もちどら」。

    この「もちどら」はニコニコ顔をしていて小ぶりで可愛いので

    良くお土産にしています。

     

    吉祥寺アトレの「あけぼの」にあります。

     

    そんな夜、我が家の猫のマルが勝手に網戸を開けて脱走する事件が発生!

     

     

    マルが網戸を勝手に開けたのは初めてで、私が開けっ放しにしたと勘違いした夫に

    いきなり怒鳴られました。

     

    その時は「まず見つけなくちゃ!」と探すの優先で、言い返したりしなかったのですが

    無事、マル猫を保護してから改めて

     

    「私が開けっ放したんじゃないのわかるでしょ!

     謝って!」

    威厳を持って謝罪を要求。

    謝らせました。

     

    自分が悪くないのに誤解で怒られたりしたら

    ガマンせずに言いましょうね、みなさん!

    posted by: philiaito | ホメオパシー | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://philiaito.jugem.jp/trackback/356