<< 2018年初フィリアセミナーでした「冬を乗り切る&お受験対策」初詣つき  | main | 聖地ツアー1日目〜伊勢神宮・正式参拝〜 >>

フィリア63回セミナー フラワーエッセンスセミナー第3弾でした

0

     

    今年の冬は寒かったですね〜!

    今日、日曜日は久しぶりに「あ、暖かい」と思えるような日でした。

    春もすぐそこですね。

     

    今日はフラワーエッセンスセミナー第3弾。

    出席者のみなさまも、ちょっと薄着になって

    なんとなく春の装いでした。

     

    ピースをしてくれている可愛い出席者さんのおかげで

    より和やかな雰囲気になりました。

     

    今回のテーマは、この2つ。

     

    ◆束縛からの脱出

    ◆女性性の解放

     

    それぞれのテーマに合うフラワーエッセンスを

    私が「ファーイーストフラワーエッセンス」から、

    岡本ホメオパスが「ベイリーフラワーエッセンス」から紹介しました。

     

    終わってからの「おしゃべり会」で皆さんの感想などをお聞きしていたところ

    「女性性の解放、っていうのが気になるテーマでした」とか

    「自分がそれが必要かな、と思えます」というご意見、多かったです。

     

    それから

    「小さいころ、なぜか『男の子に生まれたかったな』と思っていました」という方も何人も。

     

    セミナーが終わってから、自分も思い返してみると

    「私もけっこう、そうだったな〜!」と思い当りました。

     

    小学校5〜6年のころ、メガネをかけて髪もショートにして

    男子もののカーキ色のごついジャンパーを着て写っている写真が残っています。

    知らない人に男の子と思われて

    「ぼく、ちょっと道を聞きたいんだけど」なんて

    声をかけられたりしていました。

     

    出席者の皆さんも

    「子供のころは男の子になりたい、と思っていたけど、今は女性であることを結構楽しんでいます」とも

    おっしゃっていました。

    私もそうで、いつのまにか「女性もまあ悪くないかな、楽しいかも」と思えています。

     

    ただ、もっともっと女性性を謳歌しても良いのかもね!

    フラワーエッセンスの「ヤブツバキ」なんかとってみようかなと思います。

     

    他にも

    「女性的なものに対する偏見」があるときに良い「ネムノキ」

    「自らの女性的側面に恐怖がある」ときに良い「マリーゴールド」

    「自分のセクシュアリティに真の安らぎを見出すのを助ける「タフテッド・ベッチ」などなど

    紹介しました。

     

    みなさん「摂ってみたいな、と思うフラワーエッセンスが色々ありました!」と言ってくださいました。

    そうそう、ドンドン摂って「束縛から脱出」して「女性性を謳歌」していきましょう〜。

     

    さて今日のスイーツは、岡本ホメオパスが買ってきてくれた素敵な箱に入ったカステラと

    こしょうせんべいと、

     

    私が家で作ってきた「大学イモ」でした。

     

    私の大学イモは醤油をしっかり使うので、やや黒っぽいです。

    この可愛いお客様が、まだたどたどしい口で「おいしいねえ〜」と

    言ってくれたのが、嬉しかったですーー!

     

    夕方、片付けを終えて西の空を見ると

    雲間から光が差して、神々しかったです。

     

    さて、次回のセミナーのお知らせです。

     

    3/25(日)&4/15(日) 13:00〜15:30

    「実践!使える!マメ知識!基本キット」 【前編&後編】を行います。

     

    前編と後編にそれぞれ18種類のレメディを

    レメディの説明だけでなく

    実際の使い方を豊富に織り交ぜながらご紹介します。

    初めての方も、キットを持っていない方も、リピーターの方も大歓迎です♪

    お申込み、お待ちしています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: philiaito | ホメオパシー | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://philiaito.jugem.jp/trackback/364