<< 限界突破&アファメーション | main | フィリアにたくさんの絵本が! >>

浅野典子先生のフラワーエッセンス講座 第1回

0

    今日はフィリアにて

    いつもお世話になっているこの本「ファー・イースト・フラワーエッセンスガイドブック」の著者のお一人、

    (内輪でのアダナは『花の妖精』浅野典子先生による

    フラワーエッセンスの講座の1回目が行われました。

     

     

    企画は練馬平和台センターの片上敦子ホメオパス。

    浅野先生と同期で、見かけは美魔女、中身は頼れる兄貴。

    岡本ホメオパスと私は、前に浅野先生のFE講座を受けているのですが

    やはり何回も聞いて理解を体に叩き込みたい、と、フィリアを場所提供しつつの参加です。

     

    帽子をかぶっているのが浅野先生。

    小柄な私より更に小柄で華奢で可愛い方なんです。

    花や植物と同化しているときの浅野先生は本当にスゴイな〜と思います。

     

    第1回は、参加者11名で満員でした。

    参加の皆様、ノートを摂るスペースなどが狭くて失礼いたしました(汗

    次回はもう少し広い会場を借りるかも。

     

    今回はファーイーストの中から「マメ科」の

    「フジ」「サイカチ」「ネムノキ」「ヤマハギ」「クズ」の講義でした。

     

    今回は特に「フジ」を念入りに教えて頂きました。

     

    「フジ」は相談会でも良くお出しするフラワーエッセンス。

    なぜかというと

    「特に女性同士の嫉妬、虚言などに巻き込まれて混乱したり苦しむ」というような状況から

    脱するのにとても良いFEだから。 出番多いです!

     

    藤棚の藤を見ても、支柱にヘビのように絡まりつつ

    上に登って行きますが

    同じく嫉妬やイジメ除けに合うレメディのLach(ラカシス)も大ヘビのレメディ。

     

    太くからみつく藤の樹は、大ヘビのように見えなくもないですね。

     

    両方とも、からみつく嫉妬や人間関係から解き放たれるに向いている、ってオモシロいです。

     

    「フジ」のフラワーエッセンスを摂ると、苦しい状況を俯瞰して見下ろす境地に達することが出来るのです。

     

    源氏物語の六条の御息所の話(上村松園の絵の六条の御息所の着物には藤が描いてある)

    古事記の神様たちの話など

    豊富な知識から色々な角度で「フジ」のFEの真髄を読み解いてくれました。

     

    2時間があっという間でした。

    寒い中、いらしてくださった皆様、ありがとうございました!

     

    今回は初回なのでフィリア御用達の「De Salita」で懇親会。

     

     

    もう何度来ているかわからないですが・・

    何度食べても美味しいです♪

     

    今回の参加メンバーは、ほとんどが勉強熱心なホメオパスたちでしたが

    フラワーエッセンスにご興味のある方ならどなたでも参加できます。

     

    第2回は

    2/29(土)15:30〜17:30 です。

     

    詳しくはこちら↓

    「浅野典子先生のフラワーエッセンス講座 第2回」

     

    お申込み・お問い合わせ、お待ちしています。

     

     

    posted by: philiaito | ホメオパシー | 23:29 | comments(0) | - | - | - |
    コメント