<< 浅野典子先生のフラワーエッセンス講座 第1回 | main | コロナウイルスのこと&「サポートコロナ」発売 >>

フィリアにたくさんの絵本が!

0

    少し前にブログになにげなく

    「本やおもちゃの寄付をフィリアにいただけたら嬉しいです〜」なんて書いたら

    女神系の友人Nさん

    「中3年の娘が昔、読んでいた絵本どうですか?」と言ってくださり、

    「ください♪ください♪」と。

     

    「3、4冊もらえたら嬉しいな」なんて思っていたら

     

    なんど17冊ものピカピカ新品の絵本が!!

    缶詰やマンガと共に自宅に届きました!

     

    あ!猫に踏まれたぁ〜

     

    フィリアに持っていく前に家で熟読。

    冬の日だまりでひなたぼっこをしながら懐かしい絵本を読むひととき、

    至福です・・

     

    自分が幼稚園くらいのときに好きだった「どろんこハリー」もありました!

    ヤンチャでノビノビと冒険好きなハリーは改めて読んでもすごくチャーミング。

    大人になった今は「ハリーって『テリヤ犬』なんだな」とか

    幼稚園の時はわからなかったことがわかったりして。

     

    Nさんはこういう、日本の童話がお気に入りだそうです。

    日本の童話の方が、やや複雑で独特の風情もあり、大人がじっくり味わえるものかも。

    外国ものには無い微妙な湿度や土着感が良いですね〜。

    色使いも美しいです!

     

    どの本も「名作絵本」と言われるレベル。

     

    実はNさんは、お嬢さんが小さいときに

    「童話館ぶっくくらぶ」に入会したそうです。

     

    入会すると毎月2冊、厳選された絵本を届けてくれるのです。

    月に2000円くらいでしょうか。

     

    1年で24冊、10年続けたら240冊!

     

    お嬢さんが大きくなったので、どうしても手元にとっておきたい絵本や

    特に想い出深い絵本以外は

    友人知人にたくさん差し上げたのだそう。

     

    それにしても

    「童話館ぶっくくらぶ」。

    とっても良いシステムだなあ!と思いました。

    普通に買うより少し安いみたいですし

    何より、名作・厳選・選りすぐり、の

    素晴らしい絵本が月に2冊、家に届くって良いですよね。

     

    お母さんたちも忙しいから毎月2冊の絵本を自分で選んで買ってくるなんて

    なかなか出来ないし。

     

    小さい頃に無垢な心で見ていた本って、本当に血肉になっているなあ、と思います。

     

    絵も言葉も洗練された美しい絵本ばかり読んでいたら

    素敵な感性の人になりそう。

     

    小さい頃に身の回りにある本って大切ですよね〜。

    こういう本を読んで育った女神系Nさんの娘さんは

    きっと素敵な少女なんだろうなと想像したりして。

     

    私の古い大きい人数の多い実家には

    良い絵本もありましたが

    父が好きなオカルト雑誌「ムー」とか西洋美術の画集とか

    祖父の俳句関係の本とか

    母の歴史小説とか

    叔母の推理小説やマンガとか

    誰が買ったか持ってきたかわからない本とか・・

    多種多様な本が雑多に、かなり大量におかれていました。

    幼いながらも、それらを見ていたんですよね。

     

    それらの、ほとんどが今、自分が好きなものです。

     

    オカルトやスピリチュアル好き、美術館に行くのが好き、

    俳句や短歌が好き、歴史や城が好き、

    推理小説、ミステリーが好き、マンガが好き。

     

    幼少期に近くにあった本の影響、おそるべし。

     

    「童話館ぶっくくらぶ」

    リンクを貼っておきますので、HP見てみてくださいね。

     

    そんなワケでフィリアは急に「絵本長者」です。

    本好きの小さいお子さんクライアントさんたちの中には

    今、フィリアにある絵本を読みつくしてしまった子もいるので

    とても助かりました(^^)

     

    また新しい絵本を読みに来てね❤

    posted by: philiaito | | 12:08 | comments(0) | - | - | - |
    コメント