<< 浅野典子先生フラワーエッセンスセミナー3回・FEはやはりスゴイ | main | マンガ「アマテラス」が凄いんです >>

ホメオパシー的 コロナ予防

0

    コロナ流行が始まって1か月半ほどでしょうか

    情報が色々集まってきていますね

     

    (はじめての方へご挨拶

    「ホメオパシーセンター東京吉祥寺御殿山」にて

    相棒の岡本祥子ホメオパスと交代で吉祥寺で週7日、ホメオパシー療法をやっております伊藤知子と申します)

     

    まだこれから整理されたり内容が変化していったりするかも知れませんが

    現時点(2020年3月27日)での

    ホメオパシーでのコロナ予防について

    簡単に整理してみますね。

     

    まず「もしもコロナウイルスに感染したらどうなるか」ですが主に下記のような症状のようです。

     

    ・乾いた咳が出る・・・空咳で痰は出ない

    ・胸が締め付けられる感じがする

    ・全身の痛み

    ・倦怠感

    ・発熱・・・急に高熱が出るというよりはゆっくりと進行し、続く

     

    もちろん肺に影響を受けますが、右肺に影響することが多いようです

    (肺炎の場合など、左肺に影響を受けるほうが致死率が高く、右肺はまだマシなのです)

     

    まず、最もシンプルで入手もしやすい予防法です

     

    ◆Bry(ブライオニア)30Cを5日間とり、7日休んで、200Cを5日間とる。

     いたってシンプルです

     砂糖玉を舐めても良いですが水に溶かして1日に何回も飲むと、より良いでしょう

     ペットボトルに1粒入れて溶かし家族全員で分けて飲めば1日に使うのはたった1粒でOKです

     

     ブライオニアというのは「シロツタウリ」から作られたレメディで

     上記のコロナウイルスの症状にピッタリ合っています。

     200年ほど前の、ホメオパシー初期からあるレメディで、とてもメジャーなレメディです

     

     世界中にホメオパシーのレメディを作っている会社は何十もありますが

     おそらく全ての会社でBryのレメディは作っていますし、各社が作る「基本キット」などにも多分入っています

     

     インド政府が「ホメオパシーでのコロナ予防」に推奨していたレメディはArs(アーセニカム/ヒ素)でしたが

     先日、高名なインドの5代目ホメオパスのサプタルジ・バナジー先生が「Bryが良いでしょう!」と上記の摂り方を勧めていて

     「確かにArsよりまずはBryの方がいいなあ」と思いました

     

     数日前に、カリフォルニア・ロサンゼルス郊外在住のクライアントさんと、スカイプで相談会をしたとき

     上記の情報をお伝えしたところ、早速、アメリカでBryのレメディを買おうとしたクライアントさんから

     次の日に

     「Bryは6Cも30Cも売り切れでした!」とメールがありました。(日本から送る手配をしました)

     

     先にも書いたように、とてもメジャーなレメディで生産量も多いはずです、それなのに売り切れとは?!

     実は結構な数のアメリカ人がこの情報を知っていて、Bryをコロナ予防に使っているから??なんて想像してしまいました。

     

     ちなみに上記のクライアントさんの周りでは日本と同じくマスク払底、トイレットペーパーの品薄はあっても

     他の商品は普通に売っていて、みなさん穏やかに暮らしているそうです

     

    ◆サポートHai  RX-Chroni-inf(アールエックス・クロニ・インフル) 

     マザーティンクチャー(ハーブ酒)のエキネシア、カレンデュラ などでの予防

     

     サポートHai や RX-Chroni-inf は、ホメオパシージャパンから10年ほども前から発売されている

     コンビネーションレメディで、文字通り肺の底力をアップしてくれたり、インフルエンザ予防に合っているものたちです。

     これらは、コロナ予防のために作られたものではないのですが 今まで使われてきてとても良いのがわかっていることと

     「(下記のサポートCoronaに比べれば)好転反応がそこまで出ないだろう」というのが、オススメ理由です

     

     マザーティンクチャーのエキネシアとカレンデュラは、

     エキネシア=免疫力アップ、血液浄化、

     カレンデュラが消毒・抗菌に有名。 

     こちらも、とてもメジャーなハーブ。世界のどこでも買えます。

     帰宅時のうがいの水に数滴いれたり、1日に10滴くらい飲むと良いです

     上記のBry(ブライオニア)を水に溶かして飲むときに混ぜても良いです

     

    ◆「サポートCorona」を摂る

     これは、たぶん一番強力なのですが・・・ものすごくパワフルな液体レメディです。

     コンビネーションで5種類以上のハーブ酒、10以上のレメディがミックスされています。

     

     こちら、私も摂ってみました

     強力なのを知っていたので、

     「好転反応でるかもなー」と、おそるおそる。

     1日1滴から摂り始めて、2日目に2滴、3日目に3滴、、と増やしていき

     1日5滴になったら

     「朝、起きたときに肺が詰まったような胸苦しさ」と「たくさんの粘液の排出」が始まりました

     

     眠っている間に、肺や体の中のメンテナンスがあり、集めてきたゴミを朝にまとめて捨てるような感じです

     しばらくゴミ(粘液)を捨てまくると、その後はスッキリして1日過ごせます

     

     師匠の由井寅子先生がサポートCoronaを摂ってしばらくの間、猛烈に咳をしていたので

     「自分も咳が出るかも、、」と用心していましたが

     今のところ出ていません

     

     周囲で「サポートCorona」を摂った方の感想を聞くと

     「唇の皮が剥ける」「唇が切れる」「口内炎が出来る」というのが多かったです

     私も、これもありました(というか、今、そうなっています)

     

     今のところ理由は良くわからないのですが、わかったらまた書きます

     

    ホメオパシー療法が200年前に出来た頃から「流行病に有効である」というのは

    ハッキリしています

    そちらの統計の話は次回に書こうと思います

     

    とにかく安全で安価な自然療法です  

     (ちなみに Bry(ブライオニア)30Cが540円 200Cが650円 

      30粒入り小瓶の値段です 

      多少の上下はありますが世界中、だいたいこんな感じの値段です)

     

    この時期、試してみる価値があるのではないでしょうか

     

     

     

     

     

    posted by: philiaito | ホメオパシー | 09:14 | comments(2) | - | - | - |
    コメント
     
    2020/04/16 11:27 AM
    Posted by: Lotusさま
    いつも感想ありがとうございます!
    最近はお顔が見られなくてちょっとさびしいです〜。
    また、お顔を見せてください。
    あの後も、しまうまフォトブックは色々と作っていますよ!教えてくださってありがとうございました。
    2020/03/28 6:08 PM
    Posted by: Lotus
    素晴らしい記事ですね(^^)
    いつも有益情報をありがとうございます!

    お〜Bryが品切れとは、アメリカでも実はホメをひっそりやってる人が多いんだ?!

    サポートCoronaを毎日とってます。
    息苦しさみたいなのがありますね。それ以外は特になにもないです(^^ゞ