<< ホメオパシー的 コロナ予防 | main | 初めての完全Zoomセミナーでした >>

マンガ「アマテラス」が凄いんです

0

    岡本ホメオパスと最近はまったマンガ!

    「ガラスの仮面」で有名な美内すずえ先生の「アマテラス」です。

     

    このマンガ、連載が始まったのが1987年。(私はなんと19歳の時! 今は51歳〜)

    そして2001年に止まったままで未完の作品なのです。

     

    私は連載スタート時に読んでいたので、今回、岡本ホメオパスが貸してくれて

    とても懐かしいと同時に「こんな物凄いマンガだったんだ・・」と衝撃でした。

     

    ウワサでは「美内先生がチャネリングして描いている」とも言われています。

     

    コロナで激動の今、地球上で色々な転換が起こってきている今、

    読むべきマンガです!

     

    主人公は千倉沙耶(ちくら さや)ちゃん。この女の子の生まれるところから始まります。

    杉並区で普通の少女として成長していきますが

    実はスサノオと共に日本、そして地球を救う神の戦士クシュリナーダである彼女の周りでは

    フシギなことが色々起こります。

     

    15歳になったら戦士としての魂が目覚める運命の彼女。

    彼女の知らないところで、彼女を亡き者にしようという闇の勢力と

    護ろうとする光の勢力の攻防があったりします。

     

    沙耶ちゃんには四国におばあちゃんがいるのですが

    ある夏休みに預けられるまでは「2回しか会ってないし、あまり笑わないしちょっと怖い・・」と

    思っています。

     

    しかしひと夏を過ごすうちに、おばあちゃんの考え方や人柄に触れて

    おばあちゃんを大好きになります。

     

    そのおばあちゃんが、かなり自然療法的・ホメオパシー的な考え方なんです。

     

    ひよわな東京育ちで喘息持ちの沙耶の弟が、すぐ薬に頼ろうとすると一喝

     

    「薬なんかに頼るから人間は弱ァなるんじゃ

     ちっとのことなら人間の体は自然に自分で治すようになっとる!

     

     それを化学薬品なんかで治そうとするから 体がなまけて弱くなっていくんじゃ!」

     

    「いまどきの医者は、わしゃキライなんじゃ 病人治すいうて 病人増やしとるばっかりや」

     

    「悪いところは良くしようという働きが人間の中にはあるんじゃからな

     人間の体は神さまがうまいこと作ってくれとるもんじゃ」

     

    う〜〜ん そのまんまホメオパシー!

    しかも四国ということで、どうしても師匠・由井寅子先生を思い出します(^^)

    (由井先生は四国出身)

     

     

    「どうしてこんなふうに人間が生きているかはわからないけれど

     その生かしてくださっているものが神さまだと

     おばあちゃんは思ってるんだ

     

     神様は 山を生かし海を生かし その中で生きるものも生かし

     人間も動物も植物も虫も鳥もなにもかも

     いっさいの命を生かし 育ててくださっている

     

     人間だけを生かしているわけじゃないんだよ

     

     

    「だからおばあちゃんにとってはね、山が神さま

     海が神さま

     森や谷や清水が神さま

     畑が神さま  空気が神さま

     

     空が神さま

     あのお日さまが神さま

     畑に水を与えてくれる雲が神さま

     

     命を生かしてくださっているものは みんな神さま」

     

    アニミズムであり、原始からの本当に大元の正しい考え方・・と

    100%共感できることを言ってくれるおばあちゃん。

     

    他にも「水」に関するフシギな記述や

    名言も目白押しです。

     

    このマンガが描かれた当時は「スピリチュアル」という言葉も無く

    「ムー」のようなオカルト雑誌は(私の父のような)一部マニアには人気でしたが

    今のように、多くの人が見えない世界を認識していなかったような気がします。

    すごく「先取り」していたんだなあ〜という感じ。

     

    説教くさいワケではなく、スペクタクルで面白く読めて

    なお、考えさせられる深いマンガです。

    反省もし、希望も持てる。

     

    未完なのが渋いところですが。。美内先生、今こそ続きをお願いします!

     

    (余談ですが、美内先生は長年、吉祥寺在住。

     沙耶ちゃんが郷土史で「武蔵野・井の頭・七つ井の歴史」を書いたり

     ご近所感もあるんです)

     

    外出しずらいこの時期、ぜひ読んでいただきたい作品です。

     

    posted by: philiaito | 好きなんです! | 09:44 | comments(0) | - | - | - |
    コメント