<< 浅野典子先生フラワーエッセンス講座 最終回でした | main | 「フィリア姉妹の納涼トーク」 >>

「キャラが立つレメディセミナー 第2弾」でした

0

    今日は久しぶりに太陽を拝めて嬉しく

    朝からシーツをバンバン洗濯して、、

    午後、フィリアにて新作の

    「キャラが立つレメディセミナー 第2弾」でした。

     

    本日はフィリア会場では5名様、Zoomで10名様、合計15名の方が参加してくださいました。

     

    キャラが立つ、というだけあって今日とりあげたこれらのレメディたち、

     

    Iod(アイオダム)

    Kaliグループ(ケーライ)

    Fl-ac(フルアック)

    Aur(オーラム)

    Am-m(アンモニュームミュア)

    Am-c(アンモニュームカーブ)

    Mag-m(マグミュア)

    Mag-c(マグカーブ)

    Naja(ナジャ)

     

    どれもこれもクセが強い。

    覚えやすいように絵にして、擬人化して学ぶのですが

    個性が強いというか、どっちかというと『性格がワルイ』やつらばかり。

     

    そばに居たら迷惑な奴らなのかも知れませんが

    結構キライじゃない・・

    年をとって「あくの強い、ちょっと嫌われるような人ってオモシロいなあ」と

    思うようになりました。

     

    岡本ホメオパスの絵が秀逸なAm-c.!

    太ってて疲れやすく恨みがましいオジサンです。

    でも可愛い(^^)

     

    こちらはFl-ac(フルアック)。

    フッ素のレメディです。

    フッ素は「表面をキラキラさせ、中をスカスカに」します。

    フッ素入りの歯磨き粉で磨き続けると歯は外側だけ硬くなり

    内側はもろくなっていきます。

     

    その影響を受けるとこの絵の青年のように

    外見の華やかさだけを気にして、中身はスカスカの軽薄で薄っぺらい人になるという・・

     

    レメディのもとになる物質の特性=そういう人に効くレメディになる。

     

    それがいつもとても面白い・・と思います。

     

    マジメに集中して勉強した後は、フィリアではスイーツタイム。

    今日はアルフォンソ・マンゴーがたっぷりのったデニッシュと焼きプリンの盛り合わせでした。

    夏はマンゴーですね♪

     

    今日はフィリアでの参加が5名様でこじんまりしていたので

    「昔、好きだったマンガの中の男性キャラ」などの話をして盛り上がりました。

     

    ちなみに「はいからさんが通る」では

    岡本ホメオパスが伊集院少尉、

     

    私は鬼島軍曹派でした。

     

    ついつい、ホメオパシーより熱くマンガについて語る2人でした。

     

    さて次回のセミナーは

    8/2(日)フィリア姉妹の納涼トーク です。

     

    ホメオパシーの枠にとどまらず

    コロナの裏情報、

    陰謀論、

    ディープステート、

    ミラクル話、

    宇宙人とQX-SCIO、、など

    普段できない話を暴露していきたいと思います。

     

    会場は満員ですがZoom参加は受け付けております。

    お申込み、お待ちしています。

     

     

     

    posted by: philiaito | ホメオパシー | 22:43 | comments(0) | - | - | - |
    コメント