強面カラス

0


    先日、
    井の頭公園を散歩していたら、道のすぐ脇の杭に留って
    道行く人や、家族連れの子供を怯えさせていた大ガラス

    ハシブトガラスという種類ですかね。

    鳥やカラスが怖い方もいるかと思いますが
    私は平気な方なので
    カメラを構え

    「どこまで行ったら飛んで逃げるかな?」と
    近づいて行きました。

    そうしたら、全然逃げないんですよ。

    ズームも使わずこの写真。

    目の前、30cmくらいで撮影しています。

    両者にらみ合い(^^)

    「こいつ・・・コワモテだなあ!」と思いながら
    撮影させて頂きました。

    でもちょっとオモシロイなコイツ・・・

    最後は、お互い
    「絶対自分からは先に目をそらさないぞ!」
    意地を張り合う感じでした。

    ちなみにレメディ豆知識。

    「鳥への恐怖」という特徴があるレメディは

    Ign(イグネシア) と Calc-s (カルクソーファー)。

    相談会初回時に書いて持ってきていただく質問表には
    「怖いもの、嫌いなもの」という項目があります。

    そこに書かれる答えも、ホメオパスには有用な情報になったりします。

    前に3人ほど、その欄に 「鳥」 と書いていらした方が居て
    やはり一人の方は、ものすごくIgn(イグネシア)が合っていた記憶があります。

    さてカラス(烏)は、鳥の中で最も知能が高いと言われます。

    この真っ黒な見かけと逞しさ、知能の高さで
    昔から特異な鳥とされたらしく、世界各国で
    「すごく善のもの」 か 「すごく悪のもの」 かどちらか、のような
    扱われ方で色々な伝説があります。

    古代日本では「吉兆」の鳥とされて
    「ヤタガラス」という三本足の烏が神武天皇に勝利をもたらしたそうです。

    そして今は日本サッカー協会のシンボルマークになっております。

    ぜひぜひ、コワモテカラスさんには日本代表を守って
    勝利に導いて頂きたいものです♪

     
    posted by: philiaito | 散歩 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    ジブリ美術館

    0
       

      やっと、やっと!
      ジブリ美術館に行ってきました〜!

      正式な名前は
      『三鷹の森 ジブリ美術館』でしたね。

      なんで「やっと!やっと!」などと言っているかというと

      実は5年半も「ジブリ美術館から徒歩3分」くらいのところに住んでいたのです。

      通勤路でもあったので、5年半も、ほぼ毎朝毎晩、
      ジブリ美術館の前を通っていたのです。

      その5年半の間に、チケットをとって行こうとしたことが2回あり
      2回ともドタン場で行けなくなり・・

      ジブリ美術館は予約制なので、予めチケットをとらなくてはいけないんですよね。

      「8月に行きたいなあ」と思ったら、7月1日から
      ローソンで売り出されるチケットを買わなくてはいけないのです。

      しかし今回は、3度目の正直で行くことが出来ました!

      こちらが(うそっこの)入り口。
      受付にはトトロが。



      本当の入り口は裏手にあります。

      屋上に巨神兵が見えます。

      左手にある鳥かごのようなものの中に
      螺旋階段があり、
      それを伝って屋上へ。



      屋上は思いのほか狭かったですが、緑は溢れています。

      (とういか、溢れすぎてました・・草に埋もれる〜)

      中はすご〜く凝った作りで、ジブリの登場人物たちのステンドグラスや
      ドアノブひとつにもこだわりや遊び心が効いていて
      見ごたえがあります。

      デートのカップルや家族連れも多いですが
      一人でじっくり細かいところも見て時間を過ごすのも良いのではないかなあ、という感じもします。

      リピーターが多いと聞いてましたが
      私たちが行った日は中国(台湾かも)からの団体さんがいたのか
      周りは中国語だらけ。

      そこに金髪系の人も結構いらして、(たぶんフランス人)
      宮崎アニメの日本以外での人気ぶりをしみじみ感じました。

      こちらの美術館は、「井の頭公園の端っこ」というような立地なので
      周りはとても緑が豊かです。

      美術館のすぐ横には花壇があり、そこにベンチがたくさん。

      裏手には子供が走りまわれるような公園広場もあります。

      ほぼ向かいにはパン屋さんもありますが、食事できるところは少なめかと。

      良い季節にお弁当を持ってくるのも良さそうです。

      ジブリ美術館の中にも「カフェ麦わら帽子」がありますが。

      このジブリ美術館の中には、小さな映画館があり
      そこで15分くらいのジブリ映画を上映してくれます。

      (この映画館がまた、ものすごく可愛い!)

      6〜8本くらいあるようですが、これはDVDも販売しないし
      もちろんテレビなどでも放映されないし、
      この美術館に来ないと見られない、というレアなもの。

      上映作品はその時によって変わっていき
      ジブリファンの中には、それを全部見るためにリピートして
      来る人もいるとのこと。

      今回、私とダンナは
      「パン種とタマゴ姫」という作品目当てで行きました。

      ものすごく期待して行ったのですが
      期待を裏切らない出来で
      良かったです!

      フィリアの前の通りを、駅を背にして20分ほども歩けば到着します。
      もちろん事前にチケットをとらないと入れないのですが
      外から見るだけでも、とても可愛い建物ですし
      周りも緑が多くて気持ちよい空間なので

      ぜひ、遊びに行ってみてくださいね〜(^^)
      posted by: philiaito | 散歩 | 23:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

      違う道を歩いてみる

      0

        雨が降っていなければ、ほぼ毎朝のウォーキング。

        最近は、

        「目標は、すべての道を通ること!」 
        と勝手に自分で決めて

        歩いています。

        そう決めて歩いてみると

        家から15分圏内の

        本当に近所なのに

        通ったことがない道が多かったのにも驚きます。

        そして、ちょっと通り道を変えただけで

        可愛い花があったり
        洒落た窓辺の家があったり
        ビックリするくらいボロボロの家があったり
        あっちの道とこっちの道が繋がっているとわかったり

        小さい発見があって
        楽しいです♪

        昨日のブログ記事の「パン屋さんRoad」への行く道も
        数え切れないほど通っていたのですが

        ちょっとはずれた路地に入り込んでみたら

        その奥に児童館がありました。

        そして小さな公園には、こんなレリーフが。



        真ん中には2羽の鳩。

         

        岡本ホメオパスと一生懸命考えたフィリアのマークは、
        オリーブの枝をくわえた2羽の鳩。

        こんなところにも2羽の鳩が!と思って

        ちょっと嬉しくなりました。

        まあ、実際の通り道に限らず

        人生の道も (大げさ?)

        「行き詰っちゃったなあ〜。袋小路に入っちゃったなあ〜」 なんて思ったら

        横道に行ってみるのも、いいもんです。

        ちょっと迷っても
        思わぬ楽しい発見があったり、

        結果的には、もっと素敵な道に通じているかも知れませんしね!
        posted by: philiaito | 散歩 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        名前をつけてやる

        0


          「スピッツ」好きなんですが

          「名前をつけてやる」っていうタイトルの曲があったなあ、なんて思い出しました。

          (でも実際には「何かに名前をつけました」という内容ではないです。)

          写真はMy自転車です。

          15年前から数えて、4台目。

          1&2台目は、シルバーの自転車だったので 「銀造」。

          3代目(これは長く乗った!)は、濃い赤の車体だったので 「紅緒」。

          4代目のこの子は、深いグリーンなので 「深緑号」。

          愛車に名前をつけております(^^)

          今朝は上天気だったので、この子をピカピカに磨いてやりました。

          「いつも(この体重の私を)乗せてくれてありがとうな〜」 と御礼を言いつつ。



          日本の古来の信仰(アニミズム)は

          「万物に命が宿っている」というのが基本だと思います。

          大きい岩とか、樹木とか、山とか、道端の石ころにも、魂が宿っていますよ〜
          というヤツですよね。

          私は、「古代の人?」っていうくらい
          アニミズムが身にしみこんでいるらしく、
          ホントに無意識に、全部のものに心があるように思っていて

          よく無機物にもしゃべりかけてしまいます。

          ちょっとヘンな人ですね(笑)

          服なんかを捨てるときも、綺麗な袋に、塩と一緒に入れて
          ちゃんと「今までお世話になりました!」とか、御礼を口で言って
          捨てます。

          たまには日ごろ世話になっている身の周りのものたちに
          御礼を述べつつ綺麗にしてあげるのも、いいもんです。

          さて少し靴なども磨いてあげようかな、と思う休日でした。

          posted by: philiaito | 散歩 | 09:11 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

          ウォーキングコース

          0
             

            雨でなければほぼ毎朝、30分ほどウォーキングしています。

            今年の1月2日くらいから初めたのですが
            「3日坊主になるかな〜。 まあそれならそれで良いか」 と
            思っていたのですが、
            まずまず続いています。

            1〜2月は寒いので、厚着して、マフラーして手袋して歩いていましたが
            この頃はめっきりお散歩日和で、花も咲き乱れて気持ち良く、嬉しい限りです!

            これは「妙正寺公園」。

            家から歩いて、この公園の池をぐるっと周って帰ると、
            ちょうど30分。

            この池は、ドラえもんやアンパンマンの顔のように真ん丸で
            亀がノンキに日向ぼっこしていたり、水鳥もたくさん居て
            なんだか可愛いのです。



            今はツツジの盛り。

            これが ウォーキングコースA

            ウォーキングコースBは、歩いて15分くらいのところにある行きつけのパン屋さんまでのコース。

            朝、焼きたてパンを買いたいときにはそちらへ行きます。

            先日、パン屋さんの奥さま(と思われる方)と立ち話したところ、

            「いつも買いにいらしてくださってありがとうございます〜」 から
            世間話をし、
            なんだか私の職業の話になり、

            「え〜、医療関係というか・・・ホメオパシーという、ちょっと珍しい療法の療法士をしていまして
             予約制でクライアントさんの相談会をしています〜」

            と話したところ、

            「まあ!そういうお仕事なんですか!
             『どういう方なんだろうね〜』って話してたんですよ」

            と言われまして。

            そ、そんなに
            「あの人って何してる人かしら?」 とかウワサされるほど
            見かけとか普通じゃないのかしら??

            「普通の主婦」って普通に思ってもらえなかったのかしら??

            と、ちょっとビックリしました。

            主婦臭を凌駕する、にじみ出るオタク臭に、何かオタク系の仕事だと思われたのかも知れないなあ〜
            などと思いつつ、パンを買って帰りました(^^)
            posted by: philiaito | 散歩 | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            プチ軽井沢

            0


              フィリアを出て、駅に行くのとは反対方向に5分も歩くと

              左側は、こんな景色になります。

              井の頭公園の一部なのですが
              かなり広い公園は、良い意味で隅々までキチンと手入れされているわけではなく
              下草や雑草も生え放題で
              植えられたのではないスミレなんかも生えていて
              自然の森っぽいです。

              ここからそのまま、更に500mほど歩くとジブリ美術館。

              今、散歩には絶好の季節ですので
              フィリアにいらした後などに
              お時間があれば、ぜひ
              駅と反対方向に歩いてみてください。

              さて マヤズムと自然の関係

              自然の中にいるのが大好き! 緑や植物に癒される〜というのは
              Carc(カシノシン・ガンマヤズム) と Tub(チュバキュライナム・結核マヤズム)の人。

              Tub(結核マヤズム)は、自然の中とか森や山や高原、というところを好みます。
              「好む」というより、もはや「欲する」という感じで、
              登山が趣味だったり山ガールだったりします。

              昔は、結核の人は高原のサナトリウムで養生して
              治療したりしていたので、やはり結核マヤズムの人は
              そういうところで具合が良くなるのでしょう。

              実際に呼吸器が弱いので、「綺麗な空気のところに行きたい!」と
              なるのだと思います。

              Carc(ガンマヤズム)の人は、基本的に
              優しく、利他的で、忍耐強く
              いつも人の言うことを聞いてあげたり、気を使ったりしているタイプ。

              ですから、「対:人間」ではないものにときどき触れて
              解放されたり、癒されたりしたいのかな、という感じです。

              ガーデニングが好きだったり、動物も好きだったりします。

              他のマヤズムはどうかと言うと、

              Med(メドライナム・淋病マヤズム)の人は
              華やか・人工的・豪華・キラキラ・といったものを好むので
              どちらかといえば都会派。

              土にまみれての作業なんかはキライそうですね。

              Syph(スィフィライナム・梅毒マヤズム)の人は
              潔癖で、虫やバイキンが怖い、というタイプも多く、そういうものがいそうだから
              土いじりや農作業なんて出来ない、という感じか

              完全な孤独を好んだりもするので
              人里離れた山の中に一人で住んだりもします。

              Psor(ソライナム・疥癬マヤズム)の人は
              Tub(結核マヤズム)さんが、
              「ガーデニングするなら薔薇を植えたいわ。鈴蘭やスミレも好きよ」という感じなら

              「土があるなら、野菜をつくるべ!」とか言って
              「食べられるものを作る」ことに燃えるかも知れません。

              「食料を確保しねえと!」というのはPsor(疥癬マヤズム)の
              根本マインドです。

              自分は・・・というと
              「もし小さな庭とか土地があったら、どうするかなあ」と考えると

              「ピーマン・茄子・ジャガイモ・プチトマトなんかは作りたいな」 と思いつつ

              「でも花も植えたいなあ・・・手入れのラクなゼラニウムとか」 などとも思うので

              やはり、

              肺炎を繰り返し(3歳・13歳・23歳で肺炎になりました)=結核マヤズム
              アトピーと付き合ってきた(18〜33歳)=疥癬マヤズム

              の、両方ある人間なんだなあ、と思ったりしたのでした。
              posted by: philiaito | 散歩 | 10:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

              杉並のガンジーさん

              0
                 

                近いのでMy本棚的にお世話になっています
                杉並区立中央図書館の裏手に

                竹林、紅葉、桜、銀杏に囲まれた
                とても気持ちの良い「読書の森」という空間があり

                そこにガンジーさんがいらっしゃいます。

                杉並区には「杉並日印交流協会」というのがあり
                インドと縁が深いらしいです。

                さて、前に
                「インドのホメオパシー事情」というブログ記事を書きましたが

                現在、何十というホメオパシー大学があり
                「医者」と言えばイコール「ホメオパス」のことである、
                というほどに
                インドにホメオパシーが広がったのは
                ガンジーが、
                「ホメオパシーを国の第一医学とする」 と言って推進したからです。

                私の通っていたロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(CHhomの前身)でも
                世界各国の著名なホメオパスを招聘して
                しょっちゅう講演会がありましたが
                アメリカ、カナダ、オランダ、オーストラリア、フランス、東欧など
                各国のホメオパスが来ていましたが
                一番多かったのはインドのホメオパスでした。

                しかも、ものすごい臨床結果を持ってきて
                度肝を抜かれる感じでした。

                (癌をバンバン治したりとか)

                ガンジーといえば
                世間的には「慈愛の人」 ですが
                個人的には
                とても頭が切れて、合理主義で、冷静で、ガンコで、ちょっと変人 
                なイメージです。

                ホメオパシーも
                「安いし、良く効く」 という実際的なところから
                良いと思っていたらしいです。

                「病院があるせいで 体に注意を払わなくなる」 という言葉も残しているので
                「自分の健康は自分で管理しよう」という意識も高かったのでしょう。

                この像の向かいにベンチがあり
                最高の読書スポットという感じなのですが

                「う〜ん、こんな偉人の前ではなんだかリラックスして本が読めないぞ」 と
                思っていました。

                でもガンジーは

                小学校時代は素行が悪く、あまりの素行の悪さに転校させられたり、
                タバコを吸ったり、
                小遣い欲しさに家の召使のお金を盗んだり

                してたらしくて

                そんなコトを聞いたら
                けっこう身近に感じるように

                なりました(笑)

                偉人のやらかしてたエピソード 大好きです!







                posted by: philiaito | 散歩 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                神田・神保町&表参道

                0


                  週末、神保町と表参道で、1件ずつ用事があり、
                  ダンナと2人で行ってきました。

                  まず神田・神保町。

                  言わずとしれた日本一の本屋街・古書店街。

                  写真は、典型的な神田の横道の風景。
                  だいたいの店が溢れた本を外までワゴンや本棚で並べています。

                  「行ったことないなぁ〜」と言う方、
                  ぜひぜひ!一度だけでも足をお運びになってみてください!

                  ホントに面白いトコロです。

                  神田の本屋は、一軒一軒が何かの本の「専門店」になっています。

                  「歴史」「音楽」「美術」「ファッション」「アート」「サブカルチャー」「語学」などなど・・・

                  「地図」の専門店では、日本各地のあらゆる地図がある一方で
                  日本や世界の古地図があったりして興味深いのです。

                  そして店主(たいていはおじいさん)は、それぞれの専門分野で
                  相当の知識のある方たちなので、質問なんかしたら、生き字引のように
                  答えてくださいます。

                  私が大好きな店は「文房堂」 。

                  本はあまり売っていないのですが
                  とにかくポストカードや文具、それもかなり気の効いたのが
                  地下から2階のスペースにギッシリあります。

                  可愛い文具好きの方にはたまらないかと。

                  さて私とダンナのオタク系40代夫婦は
                  神田は大好き。

                  とても落ち着きます。

                  しかし、この後、表参道に行かなくてはいけない2人。
                  昼食時を前に相談します。

                  「お、お昼は神田で食べてから移動しようか・・・」
                  「そ、そうだね、表参道だと落ち着くところがなさそうだしね・・」

                  GUCCIだのCELINEだのが軒をつらね
                  煌びやかな最先端の服や小物がキラキラしている表参道。

                  マヤズムで言ったら
                  淋病マヤズムを体現している街。

                  淋病マヤズムのキーワードは 「増殖・過剰」 

                  (そこからイボ、ポリープ、腫瘍などを作ったりします)

                  「もっと、もっと!」という気持ちの強いマヤズムです。

                  もっと綺麗に!もっとお金持ちに!もっと素敵な人と付き合いたいわ!
                  恋人も一人じゃ足りないの、2人でも3人でも、もっと欲しい!
                  服も靴ももっと欲しい!いくつ持っているかわからないけど、まだ足りない!
                  家も車も大きいもの!ゴージャスなものを!
                  アクセサリーは小さい地味なのはダメ、目立つ華やかなものを!

                  というようなマインドでしょうか。

                  そんな街は、Sulph系夫婦には敷居が高いのでした(^^)

                  ちなみに、Sulphは、前に書いたこともありますが

                  服とか、自分が好きな服なら良いや、人がどう思おうと別に〜
                  え?この服ヘン?流行じゃない? え?破れてる?
                  でも気に入ってるし、着やすいからいいんだ〜
                  それより探してた本がやっと見つかったから今から読むからジャマしないでね
                  あ、チャンピオンズリーグを録画しといたの見るから邪魔しないでね
                  ねえ、そのセーター、10年くらい着てない? 
                  そっちこそスウェット破けてるけど?

                  ゴロゴロ。

                  Sulph夫婦はそんな感じです。

                  そんな2人は表参道はやっぱり落ち着かず、用事を済ませても
                  「お茶でも飲んでいこうか」とは全くならず

                  「じゃ、ここで解散ね!家で会おう」
                  と、
                  別々の興味のあるところへさっさと移動するのでした。
                  posted by: philiaito | 散歩 | 22:55 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

                  馬車道に寄り道

                  0


                    「これはフィレンツェにある
                     フィリア美術館です。」

                    とか言っても信じそうな建物ですが

                    本当は

                    横浜の馬車道にある

                    神奈川県立歴史博物館 

                    です。

                    明治37年(1904年)に、横浜正金銀行本店として
                    建てられたそうです。

                    横浜がとても好きなので
                    たま〜〜に、訪れますが
                    いつも何となく
                    同じところばかり
                    ついつい
                    行ってしまっていました。

                    今回は、用事を済ませたあと、
                    初めての場所・
                    野毛〜伊勢崎町〜馬車道〜中華街 まで
                    歩きました。

                    伊勢崎町には「We Love ゆず」の垂れ幕が
                    ありました(^^)

                    昔、ゆずが路上ライブしていて
                    そこからデビューしたんですよね。

                    そして、この素敵な建物は
                    馬車道にあります。

                    明治という時代の豊かさ みたいなものが
                    漂っています。

                    新しい道を通ると
                    新しい発見があるな〜。

                    朝のウォーキングでも
                    できるだけ
                    違う道を通るようにしています。

                    家の近所の路地のツナガリに
                    だいぶ詳しくなりました。

                    時々、迷いますが
                    それもまた楽し♪

                    たくさん歩くことになっても良いように
                    身軽で
                    新しい道を
                    どんどん歩いてみたいですね。

                    今日はとても寒かったですが
                    もうすぐ春です!




                    posted by: philiaito | 散歩 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    CAFE 「風の駅」

                    0


                      (今日は自分の撮った写真がうまくいかなくて・・・
                       お店のブログから写真を拝借しました。
                       お店の前で音楽イベントをやっているところ。)

                      フィリアの通りを、駅を背にして南へ10分ほど行くと
                      通り沿いに

                      CAFE「風の駅」があります。

                      私は5年半前まで、そのあたりに住んでいたので
                      懐かしくて散歩をしていたのです。

                      そこは5年半前は、もっと地味な「三鷹観光オフィス」という感じだったのですが
                      フランス風(?)のとても可愛いカフェになっていました。

                      店の前には写真に見えているバス停がありますが
                      ホンモノではないのでご注意を。

                      今は 三鷹観光オフィス兼カフェ になったようです。

                      お店の中には手作りの可愛い雑貨やカードもありますし
                      アーティストやミュージシャン、何かを作るような方の
                      創作を後押ししたり
                      発表したりする場にもなっているようで

                      三鷹のアートと文化の香りがありました♪

                      頂いた「まほろば珈琲店」(三鷹の有名な珈琲屋さん)の珈琲も
                      根菜と塩麹豚のピザも、美味しかったです!

                      ジブリ美術館の、道を挟んで斜め向かいくらいにあります。

                      手作りイベントなど色々やっていらっしゃるようなので
                      また参加したいな〜、と思いました。

                      みなさまもフィリアにいらした後、時間があったら
                      お散歩がてらに是非いってみてくださいね!
                      posted by: philiaito | 散歩 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |