出雲の窯元 〜出西窯〜

0
    出雲・松江旅行で、私が「行きたい!」と言って岡本ホメオパスと友人に付き合ってもらったのが
    出西窯。
    「しゅっさいがま」
    と読みます。


    1947年、戦後の混乱の残る中、5人の若者が集まって
    「みんなで物を作る喜びをわかちあい、助けあう共同体を築こう」と言って
    作ったのが始まりだそう。

    現在でも、作った当時とあまり変わらないのではないなかあ、と思う
    素朴な日本の秋景色の中に、工房と隣あって展示と販売をしている建物があります。
    こちらは「無自生館(むじしょうかん)」。


    「無自生(むじしょう)」とは、
    「何もかもがおかげさまで自分の手柄などどこにもあろうはずがない」という意味だそうです。

    土地がはぐくんだ土を使い、薪を使い、窯の人間全員で仕事をして、
    焼き物が出来上がる。
    それは誰の手柄でもない、ということ。

    中に入ると、なかなかオシャレ。


    すべて木で出来た素敵な建物です。
    木の香りがします。

    右下の瑠璃青のお皿、これが「出西ブルー」と言って有名。

    島根県は民藝運動のさかんだった土地で、更に焼き物に向く土が出ることもあり
    窯元がたくさんあります。
    その中で、私がこの出西窯を選んでいった理由のひとつは「安いから」。
    そして「デザインや色が好きだから」です。
    ブルーの器も良いですが出西窯の白い器は、優しい柔らかい乳白色でとても魅力的です。
    冬のホットミルクのような温かみのある白なのです。
    茶色もなかなか良いです。
    全色買ってきました。早速、我が家で活躍しています。


    中にはお茶コーナーがあり、自由にコーヒーなどが飲めます。
    実際に器を使ってみられるのはとてもいいな、と思いました。
    (モデルは岡本ホメオパス)

    「生活の中に美を」と謳ったイギリスのウイリアム・モリスや民藝運動の柳宗悦の影響を受けて、
    日常の中で使いやすい器、値段も買いやすいものを、というモットーなのだそう。
    出西窯の器は、極力シンプルで模様もほとんどなく、お料理を載せたときに
    それが引き立つことだけ、考えて作っているということです。

    (余談ですが、柳宗悦の息子の柳宗理は、ここに
     「父や母や自分の骨壺を焼かせて」とやってきたのだそうです)

    無自生館の隣には、工房があります。

    「いつでも、どうぞご自由に見学ください」というおおらかさ。

    中に入ってみますと・・

    ズラリと制作中の焼き物が。
    気を付けて歩かないと・・と奥に行くと職人さんたちが作業をしていました。

    更に奥に行くと、窯がありました。
    「登り窯」を言われるもので、窯炊きをするときは丸2日、火を絶やさずに
    一気に5000個も焼くのだそう。

    使い込まれた窯って絵になります。

    大量の薪が積んでありました。

    わざわざタクシーで行くだけのことはある、魅力的な場所でした。

    ところで、岡本ホメオパスとの会話。

    「前に一緒に行ったセドナでも思ったけど、なんだか出雲も
     大地がパワフルというか、力がある、っていう気がしない?」
    「同感!なんだか、土が力強くて男性的で、荒々しい逞しさを
     感じるよ」

    なんでだろうね?と2人で話し、推論のひとつとしては
    「土に鉄分が多いからではないか」ということになりました。

    ホメオパシーでも「鉄」のレメディ「Ferr(ファーラン)」のシリーズがあります。

    鉄というのは、独立・自立・戦い・パワー などのキーワードがあるので
    それらがたくさん含まれている土地に行くと、体の中の鉄分と反応したりもして
    その土地を「強い!パワーがある!」などと感じるのかも知れません。

    そんな強い出雲の土で作った器に盛る御飯はパワーをくれるかも知れないな、などと
    思いつつ今日も夕ご飯を頂いていました。
     
    posted by: philiaito | 旅行 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    出雲大社

    0
      岡本ホメオパスと、もう一人の友人と女三人旅で
      出雲・松江に行ってきました。

      行きは「サンライズ出雲」という寝台車で12時間かけて
      東京駅⇒出雲市駅へ。

      この寝台車、とても人気があるそうで、切符をとるのが難しいとのことだったのですが
      どうしてもこの寝台に乗りたかったワタクシ、朝の5時半から三鷹市駅のみどりの窓口に並び
      なんとか切符を確保。ほとんど鉄子(鉄道マニア女子)。

      寝台車で寝て、起きると車窓の風景は「マンガ日本昔話」。

      そして到着。

      出雲大社の最寄駅の小さい可愛い「出雲大社駅」には
      映画「RAILWAYS」で使われた通称「デハニ」という電車があり、
      中に乗ることもできます。「鉄(鉄道マニア)」にはたまりません。



      修学旅行生でもにぎわう道を10分ほど歩くと、すぐに出雲大社の鳥居。

      そういえば、出雲大社は「いずもたいしゃ」と読むとずっと思っていましたが
      「いずもおおやしろ」と読むのが正式だそうです。

      中はやはり広く、長い参道を進んでいくと、拝殿があります。

      しめ縄、かなり大きいけど、思ったほどではないかな?と思う人が多いそうですが
      有名な巨大しめ縄は隣の「神楽殿」の方なのです。

      参拝してから拝殿の裏手に回ってみます。


      写真だと大きさが良くわからないと思いますが、かなりの大きさです。
      4〜5階建てのビルくらいはあると思われる巨大高床式倉庫という感じです。
      しかし古代の出雲大社は、48メートルの超高層建築だったという説が今、
      巨大柱の発見などでハッキリしてきているようなので
      大昔はもっと大きかったのでしょうね。

      「う〜ん、壮大。古代のロマンだわ〜」と思いつつ足元を見ると

      あらっ? 岡本ホメオパス、そんなところで木の実を集めて何してるの〜?
      (口元と木の実が好きなところがそっくり)

      可愛い兎やリスの石像があり、
      荘厳で巨大な木造神殿の真裏に、ミスマッチな・・・と思いましたが
      兎さんの台座には

      と、皇族の典子さまとのご結婚で話題の出雲大社の宮司さまのお名前が。
      由緒正しい兎だったらしい。

      そして隣の神楽殿に行きますと

      これこれ!
      この注連縄。こちらは本当に大きいです。

      裏側から見るとますます大きく感じます。

      さて、出雲大社と言えば「縁結び」ということで有名。
      根拠というのをちょっと調べてみると、御祭神である大国主神(おおくにぬしのかみ)
      モテモテだったので、という説や、
      毎年10月の神無月(出雲では神在月)に、全国の神様が出雲に集まって
      その年の全国の結婚組み合わせを相談して決めるから、などなど色々ありました。

      まあ、恋愛や結婚でなくても「縁」というのをお願いすると良い神社であることと
      「日本一の神社なので、壮大な願い事のほうが良い」と聞いたので
      「日本全国津々浦々に、人の良い縁を伝ってホメオパシーが広まりますように」と祈ってきました。
       
      posted by: philiaito | 旅行 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      食いだおれ札幌

      0

        GW前半はマジメに故郷に帰省、
        GW後半は、ある崇高な目的(東方神起ライブ)のために
        北の大地に行ってました。

        2人の友人と3人旅です。(むろん、岡本ホメオパス含む)

        さて、1泊2日の短い旅行ではありましたが、
        事前に色々な旅行のアイデアを書いては送ってきてくれる友人たち。

        一人の友人は
        「北海道大学に行ってみたいな♪
        北海道神宮もパワースポットだそうだから行ってみたいな♪
        小樽もいいな♪」

        観光中心の希望でしたが

        某ホメオパスの送ってきた計画書は

        「昼食に寿司または海鮮、
        スイーツは雪印パーラー、もしくは〇〇か△△か、
        ライブの後はラーメン、
        翌日の昼食は・・・」

        って、食いだおれツアーか!

        まあ、全員食いしん坊なんですが(^^)

        とにかく食べて参りました。

        こちらは雪印パーラーのパフェ。

        スノーロイヤルという 「当店でしか味わえない極め付きのアイスクリーム」を
        使っているそうで。

        皇室への献上品だったりもするらしく、流石の美味しさでした!

        「まったりとしてしつこくなく、しかしコクがあり」って感じですか。




        大人になってからは、こんなふうな 「The パフェ」みたいなものを
        食べる頻度も減りましたが、
        小学生のころには、それが最も食べたいもの、アコガレの食べ物、という感じでした。

        ちなみに
        レメディのマテリアメディカには「〇〇を欲する」という項目などもあり
        特定の食べ物への嫌悪・欲求なども
        大事なレメディを選ぶポイントですが

        Phos(フォスフォラス)さんはアイスクリームが大好きで、欲求します。

        子供の頃は、とてもPhosっぽい子供だったので、

        (呼吸器が弱く、同情心が強く、遠い地へのアコガレが強い)

        それもあったのかも知れません。

        さて寒い寒い札幌で(気温が昼間なのに6度!雨だったためもありますが)

        パフェを食べて体を冷やしたあとは

        北海道大神宮へ。

        そんなに郊外ではないのに
        地図の上では「原生林」と表示ある森の近くにあり
        神殿も立派で、とても清浄な気持ちの良い気の流れるところでした。




        お参りして、おみくじを引かせていただく。

        大吉で、かつ、良いコトバが書いてありました。

        「お金をためたら慈善をする、と思っていると貯めるお金に限度がないから
         なかなか慈善が出来がたい。

         物がなければ力で、力がなければ言葉ででも、人をなぐさめ、人の力になってやれ。」

        とあり、
        そうだなあ、その通りだなあ、と思えました。

        そしてなんとなく 「人の力になってやれ (原文そのまま) 」という

        ちょっと俺様な、いばった感じの言い方が
        気に入った私でした(^^)




        posted by: philiaito | 旅行 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        箱根神社・九頭龍神社にて

        0


          18歳からの親友と箱根に行ってきたのですが。

          「箱根の箱根神社&九頭龍神社に行くよっ!」 
          言い出したのはワタシ。

          同じ年で、バツイチの彼女は
          清楚で女らしく、とて〜も心が綺麗で優しく
          男性がほおっておきません。

          しかしなかなかまとまらず、
          もはや私は父親の心境で、

          「誰か良い人とそろそろ落ち着いてくれんか・・・」 と願っている次第で。

          箱根神社は、良縁を願う女性にとても良い!と読んだので
          引っ張っていったのです。

          清清しい境内でお参りした後、
          ゆっくりしゃべっていたら

          「少し前に、一通り、(付き合ってくださいとか言ってきていた方々を)お断りしてきたの〜」
          と。

          「少しサッパリした」とのことですが
          その人数を聞いて、彼女のモテッぷりに驚いた私でした。

          ちょっと羨ましいぜ!

          さて、この写真の竜神さまたちが九頭龍神社の「九頭竜」で、
          ここのお水を飲むのも良い、とのことで飲んだりしました。

          ところで。

          かなり前の話ですが、初台にホメオパシーセンターがあった頃、
          1階のホメオパシーショップでスタッフをしていました。

          当時は、まだホメオパシーショップに来店した方がスタッフに
          レメディについて質問したり、症状を言って、どのレメディが合うか相談したり
          できたのです。

          今は薬事法が変わってそれが出来なくなり、不便を感じている方も
          多いかと思います。

          初台のセンターもショップもとても活気があって
          常時、3〜4人のスタッフが接客しているような感じでした。

          ある日のこと、スタッフが交代で昼食をとる時間、
          私一人がショップに居て、お客さんも珍しく一人もいませんでした。

          すると、20歳前くらいに見える若い女性が
          おずおずと入ってきました。

          小柄で細くて可愛らしく、とてもオドオドとして小さな声の方で。

          ホメオパシーやレメディのことは、まだ知ったばかりらしく
          色々尋ねていらしたのですが、しばらく経つと意を決したように

          「あの、レメディをとると・・・人に見えないものが見えていた人が・・・
           それが見えなくなる、って聞いたんですけど、本当ですか?」 

          と、聞いてきました。

          確かに、霊感が強くて見たくもない霊が見えるとか、
          聞きたくもないものが聞こえる、とか言う方が
          レメディをとっていくと
          それらが見えなく、聞こえなくなってくる、という例は
          何人もから聞いていたので、それをお話しました。

          そして

          「私は霊感もないし、見えない人なんですけど、『見える人』なんですか?
           周りには見える人、いっぱいいますよ! すごいですね!」

          と言うと、
          やっと安心したような笑顔になって、いろいろ話してくれました。

          物心ついたときから、人には見えないものが見える子供だったそうですが、
          両親には全く霊感は無く、そういうことも信じてくれず、
          見えるもののことを言うと、ヘンな子扱いされたり、イヤなことを言われることのほうが
          多かったので
          いつしか家族には何も言わなくなったこと、

          友人・知人にも、今のところ同じように霊感がある、見える、という人はいないので
          誰にも言わずに過ごしている、

          見えるもののことを言ったことで良かったことがない、

          というような話でした。

          更に彼女はこんな話をしてくれました。

          「ただ見えるだけで、なんなのかはわからないけど、
           古い神社に行ったりすると、本殿の上に巨大な天狗の頭部がドーンとのっていたり
           巨大な龍がのっていたり、
           綺麗な如来とか菩薩のようなのが見えることがある

           古い木の周りに、なんだかわからないけど光の玉みたいのが見えたりもする

           そういうのが、レメディをとって見えなくなるのは寂しいので、
           ホメオパシーに興味はあるけど、レメディをとるのを迷っている」

          私は

          「レメディをとって起こる変化は、あくまでもその人にとって『良い方向に行くこと』なので
           見えないものが見えることが、〇〇さんにとって有益なことなら
           レメディをとって見えなくなったりしないですよ」

          と、お答えしました。

          結局、彼女はそのときはレメディは買っていかず、
          一期一会で、その後、お会いしてはいませんが・・・。

          とても印象に残っている出来事です。

          箱根神社の立派な本殿の屋根の上や、
          やや小ぶりの九頭龍神社の屋根の上をジーッと見てみましたが
          やはり私には何も見えませんでした。

          でも、芦ノ湖のキラキラする水面を眺めていたら
          あまりの上天気に
          「ヒャッホ〜イ!」
          と言いながら
          竜がすべるように湖面を駆けている、

          ちょっとそんな気がしました。
          posted by: philiaito | 旅行 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          流石の富士山

          0


            箱根の小田急「山のホテル」の庭からの富士山。

            2日間の暴風雨に洗われた後らしく、かなり清清しいお顔でした。

            つい、なんとなく拝む・・・日本人だなぁ・・・

            富士山の神様、というのは諸説あるのでしょうが
            コノハナサクヤヒメ(木花咲耶姫)という女神さまも
            そのお一人らしいです。

            桜の花が咲くように美しい女神さまということで
            「妻の守護神・安産の神・子育ての神」だそうですよ。

            (ダンナに言ったら 「夫の守護神はないのか・・・」と言いそうですが)

            春で、桜の季節で、雨の後の好転で、朝で・・
            というと、なんとなく
            富士山も神様も絶好調!のような気がしました(^^)

            さて、静岡県人ですが一度も富士山に登ったことのない私、
            「一生に一度は登ってみたいなあ」とも思うのですが

            遠くから見るとこのうえなく美しい富士山、

            いざ登るとなると岩石ゴロゴロの、火山らしい風景なんですよね〜。

            「美女は遠くから眺めるのに限るのかのぅ・・」
            と思う、おっさんの私なのでした。






            posted by: philiaito | 旅行 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            故郷・浜松旅行

            0

              生まれ育った浜松に、岡本ホメオパス、友人たちと行ってきました。

              はじめてヨソの友人に浜松に来てもらうときは、「ひつまぶし」は御馳走するのがmyルール。

              ひつまぶし、気に入ってもらえたようで良かったです(^^)

              私の一番のオススメ店は、『八百徳』。
              浜松駅前に大きな店があるので行きやすいですし、
              浜松に行かれるときは、是非、食べてみてください!

              あとは、秋野不矩(あきのふく)美術館 とか
              竜ヶ岩洞 とか
              館山寺温泉 とか
              浜松城 とか
              案内しました。

              写真は竜ヶ岩洞を切り開いた作業員の方たちの顔ハメ看板にて。

              顔ハメ看板があると、反射的にハマッてしまう岡本ホメオパスと私。

              ヘン顔して写真を撮る私たちを眺めていた案内所のおじさんが
              撮り終わった私たちに

              「写真を撮るときは気取ってちゃあダメだよ」 と一言。

              あれ以上? なんか顔芸をしたほうが良かったんでしょうかね?

              竜ヶ岩洞を発見、2年半かけて切り開いて観光で人が見られるまでに整備した
              70代の地元のおじいちゃんの、トロイを発見したシュリーマンのごとき情熱が
              素敵でした。
              (かなりの難工事で、亡くなった人もいたのです)

              地元にドラマあり。

              そして、浜松の人ではない友人たちに浜松を見てもらって、
              色々感想を聞くと、「故郷の良さ・再発見!」
              みたいなこともあって、良いもんだな〜、と思いました。

              ちなみに浜松城には ゆるキャラ「家康くん」がいます。

              「今度、ひこにゃんが浜松城に遊びにきます!」と宣伝がありました。

              ゆるきゃら同士も交流してるらしいです。

              お調子モノで元気なゆるキャラの多い静岡県ですが、どうぞよろしくお願いします(^^)







              posted by: philiaito | 旅行 | 11:03 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

              フィリア研修旅行 セドナ最終日

              0

                セドナの夜明けです。

                赤土の岩山。 サボテン。 乾いた土地でも健気に咲く花々。

                ぐるりと360度見渡せる風景。

                5時から、ずっと夜明けを待って、そして日が昇ってきたときは、
                本能的に拝んでしまいます。

                岡本ホメオパスと2人、
                フィリアのクライアントさんたちの治癒を、
                みんなでもっともっと健康になることを、
                お祈りしてきました。

                ちゃんと口に出して、お祈りしましたよー!

                願い事は、ちゃんと口に出して言ったほうが良いそうです。

                また、セドナは、(穏やかに変化を促すシャスタなどのパワースポットに比べると)
                ガツン!とした実現パワーを持っているそうです。

                良い方向に背中を押すパワー、自分にも、ついていたら、いいです。
                posted by: philiaito | 旅行 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                フィリア研修旅行 4日目 in セドナ 

                0

                  4日目の夜明け前。

                  早朝に目覚めて、ホテルの窓からカーテンを開けてベルロックの方を臨むと・・・

                  雲ひとつない紫色の空に、こんな雲が。

                  竜みたいじゃないですか?

                  左端に頭部があって、龍の角や、ヒゲがあり、口も開いているように見えます。

                  実は、旅行初日の、ツアーメンバーにまだ慣れていない顔合わせの夕食時に

                  みなさんの竜にまつわる話をたくさん聞いたのです。

                  「ドラゴンスクール」なるものに通っているという方の話、

                  友人のお坊さんが、竜神さまの通り道のお堂を建てるのに立ち会った、という方の話、

                  などなど。

                  そういえば、我がフィリアの氏神さまは
                  井の頭弁才天さま。

                  井の頭の池に浮かんでいるので、水神さまですし、境内には竜のレリーフなんかもある。

                  日ごろ、竜神さまのお世話になっているとも言えるのかな〜、と思っていたので、

                  この雲を見たときは、思わず、拝みました。

                  5時起きで散歩に出かけたツアー仲間は、この雲が出来ていく過程を見ていたそうで
                  UFOかミサイルか、他の何かかわからないですが、
                  光の玉が、ときどき虹を噴出しながら暗い空に筋を描き
                  最終的には、この形になったと、
                  興奮気味に撮影してきた動画を見せてくれました。

                  正体はわからないですが、
                  壮大な聖地の夜明け前の風景だけでも
                  敬虔な気持ちになりました。
                  posted by: philiaito | 旅行 | 13:20 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

                  フィリア研修旅行 3日目 in セドナ

                  0

                    この岩山は、 「ベルロック」 という名前。

                    釣鐘型、というか、ベルのような形なのでそういう名前だそうです。

                    本によると 「男性的なエネルギーの強いボルテックス」 ということですが、
                    私は、なんとなく優しい気を感じる場所だな〜と思いました。

                    草食男子系のエネルギーだったりして(笑

                    泊まっていたホテルから歩いて10分のところに、こんな雄大な景色が広がりまくっています。

                    霊感の強い人などが行くと、「声が聞こえる」 などといわれるボルテックス。
                    (「内なる声」だったり「外からの声」だったり、色々だそうですが。)

                    皆さんがやっていたので、私も木陰で瞑想。

                    しかし普段、瞑想とかやっていないので、瞑想、というか、ついつい妄想、に・・・。

                    雑念が多い俗人だな〜、と。

                    でも、とにもかくにも、ものすご〜〜〜〜く気持ちの良い場所なので、
                    「永遠に、この木陰に座っていてもいいなぁ」 と思うほど。

                    そこまで敏感でもない私もなんとなくわかるほど、気の良い場所ではあるようです。

                    最終日には、ベルロックの6合目くらいまで登りました!
                    一番上のポコッと切り立っているところの下くらいまで。

                    思ったよりも身軽に、岩肌にへばりつくようにして登っていきました。

                    赤い岩の上をピョンピョン飛びながら

                    「やっぱり猿に親近感を感じる・・・」と思っていました。

                    (干支も猿だし、昔、流行った動物占いでも猿だったし)

                    ロマンチックではないですねぇ(^^)
                    posted by: philiaito | 旅行 | 23:56 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |

                    曇り時々雨のセドナ

                    0

                      こちら、先出のAYAさんの家のリビング前のテラスからの写真。

                      雨が上がったばかりで曇りのセドナ。

                      かなりの乾燥気候のセドナでは珍しい雨&曇りのセドナ初日でした。
                      (実際、その後はずっと、真っ青な空とキラキラ太陽でピーカンでした)

                      しかし、リビングからこの絶景・・・・・。

                      スゴイ!

                      と思っていたら、その後、訪れた数軒の家ぜんぶが
                      窓から絶景。

                      毎日あんな景色を見て暮らしていたら、大きな心の人になるのでしょうか。

                      でも私は結構、日本のチマチマとした景色が好きです。

                      小市民なマインドの自分は、そっちの方が落ち着くかも〜〜(^^)
                      posted by: philiaito | 旅行 | 23:21 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |