上虚下実

0
     
    先日の「疲労回復専門店PAUSE」の丸山先生とのお話から
    ひとつ。

    「体というのはどういう状態であるのが
     GOODなのか」
    ということですが。

    丸山先生が

    「上虚下実(じょうきょかじつ)」
    という言葉を使われて

    「そう、そう!」と思いました。

    つまり、
    上半身はヘンに力が入っていたりせず、リラックスしていて
    下半身は充実して安定感があり、地に足が着いた状態

    ということです。

    丸山先生も、施術やアドバイスでそのような状態に
    体を持っていこうとされるようです。

    私はアトピーを8割くらい
    外気功で治してもらい

    その後、2〜3年、内気功をやっていたのですが

    気功での考え方も同じで

    「上虚下実」の状態にするための
    準備運動を、かなり時間をかけてやります。

     (おまけの説明)
     
     気功師が、外から気を送り
     自分は(基本的には)何もしない・・・のが外気功。

     自分が体を動かしたり呼吸したりして
     自分で気を巡らすのが・・・内気功です。

    その準備運動は、

    足を肩幅くらいに開いて
    膝と腰を少し落として
    下半身は安定させ、動かさず、
    上半身は真っ直ぐに立てたまま
    左右にブンブンと体を回すのです。

    そのとき、腕の力は極力抜いて
    腕は体を左右に振る勢いで
    体にまといつくようにします。

    これを50〜100回くらい、やりますと
    かなり上虚下実の状態になり

    その後、気功をはじめたときに
    とても気の巡りが良くなるのです。

    今は気功に通っていない私ですが
    この体操は時々やっています。

    カンタンに、良い感じにリラックスできます。

    皆さんも、良かったらお試しになってみてくださいね。

    (呼吸は吐いて吐いて・・・吐き切ったら吸うのですが 
     基本、吐くことにだけ意識を向けています。
     
     とにかくゆっくり!呼吸しながらやります)

    posted by: philiaito | 健康ネタ | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    疲労回復専門店PAUSE

    0


      この写真の方は、吉祥寺駅1分のところにある

      「疲労回復専門店PAUSE」丸山祥一先生です。

      丸山先生のところを訪れたのには2つ、目的がありました。

      ひとつは純粋に自分の体の歪みなどを診てもらい
      施術をしてもらったり、アドバイスを頂きたいなあ、というもの。

      現在、適度に運動していることもあってか
      特に腰痛・肩こりなども無く不調もナイのですが
      やはり長年生きていて、姿勢などに全くヘンな癖がついていないはずもないし、
      立った時に、ちょっと「鳩胸でっ尻」ぽくなる立ち方も気になっていました。

      もうひとつは、
      丸山先生は吉祥寺を中心とした色々な健康系の仕事の方々の
      集まる場所を主催しているということで、
      そちらのお話もうかがおうと、行ってきました。

      さて
      まず
      自分の体のことですが、
      大きな歪みなどは無いものの、
      丹田の意識が足りなかったらしく
      グラウンディングがしっかりできていないのか
      ちょっとの力で押されたり引っ張られたりするだけで
      フラフラと揺れます。

      丸山先生のアドバイス通りに丹田を意識したり、
      施術をしてもらった後には

      フシギ不思議!

      押されても引っ張られても揺れない!

      そして力んでお尻を引っ張りあげたりお腹を引っ込めたりしなくても
      スッと真っ直ぐ立てました!

      今回は初回だったので、2時間ほど、アドバイスと施術を丁寧にしてくださって
      8400円でした。

      う〜んお得!

      お部屋は10階で眺めも良く (フィリアも相当眺めは良いですが(^^)
      広く素敵なインテリア。

      また、丸山先生も小さいお子さんがいらっしゃるとのことで
      お子様連れも大歓迎、とのことでしたよ。

      そしてやはり、得意分野、というようなものもあり
      ギックリ腰や慢性的な疲れから来る腰痛、というのが大得意、とのこと。

      一方、物理的な変形が起きているヘルニアや、脊椎管狭窄症などは
      難しいこともあるそうです。

      さてもうひとつの目的。

      フィリアを吉祥寺でオープンしてから3月で1年。

      前から、吉祥寺の健康・癒し系の方たちとのつながりが持てたらな、
      思っていました。

      ホメオパシーは素晴らしい療法だと思っていますが、
      ホメオパシーだけで不調や病気を良くしていくより、
      他の療法とコラボしたほうが
      良い場合もある、と思います。

      例えば。

      ADHDや、発達障害のお子さんなどのケースで
      ホメオパシーで予防接種の害とりや感情のサポートなどする一方で
      オステオパシーも一緒にやっていくと
      より、
      顕著に変わっていったケースもいくつもあり、

      また、実際、腰痛や肩こりといったものは
      ホメオパシーだけよりも
      整体・カイロプラクティックなど、その他の療法もやっていった方が
      良いのではないかと思います。

      逆に、
      ヒプノセラピー(催眠療法)の前に、ホメオパシーのレメディ(例えばRainbowとか)を
      とると、
      良く催眠に入れるのでは、ということもあったり。 (これは自分で体験したのですが。)

      そんな考えもあるので
      これから吉祥寺の色々な癒し・健康のお仕事の方たちと
      お知り合いになれたらな、

      そして適宜にクライアントさんにもその情報などを
      お教えできたら、と思います。

      後、実は「サッカーファン」という丸山先生と
      ちょこっとサッカーの話なんかも出来て
      楽しかった♪です。
















      posted by: philiaito | 健康ネタ | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      布の気持ち

      0


        左上から、薄紫が絹(シルク)

        グレーのドットつきが綿(コットン)

        レースのついているのが麻(リネン)

        アイボリーのいかにもセーターなのが毛(ウール)

        先日、由井寅子先生の講義の中で、雑談なんですけど
        「布」の面白い考察を言ってらっしゃいました。

        布も植物から作るもの、動物由来のもの色々あり、
        気持ちや個性がある、というハナシ。

        まず綿(コットン)。

        綿は人間でいったら「ふわっとした感じの人だが強くはない」という感じらしいです。
        なんにでもなじむが、ふよふよして、着ている人を守るような強さはない、んだそうです。

        そして絹(シルク)。

        よく考えたら、絹糸というのは、蚕さんが自分が繭になるために一生懸命だして
        自分をくるんで寝ていたら、まるごと熱湯で茹でられて
        自分は死んでしまって繭をとられるという・・・
        蚕にしてみればひどい話です。

        という作られ方だからか、絹(シルク)には「蚕の悲しみ」も宿っているんだそうです。

        次に毛(ウール)。

        これも動物由来のもので、羊の毛を刈り取っているので
        ひどい横取りのように思われるかも知れないが
        (特に現在の羊毛をとるための)羊は
        毛を刈られないと伸び放題になりタイヘンなことになるので
        羊から羊毛をとるのは、そんなに罪なことではない、
        よって絹のような悲しみは持っていない、とのこと。

        さて、麻(リネン)。

        あくまで、由井先生いわく、ですが
        麻が一番、人間の衣服などにもベストのもの、とのこと。

        麻は綿と違って(性格が)しっかりしていて
        着ている人を守る、という性質があるそうです。

        実際、電磁波過敏症や化学物質過敏症のような方は
        麻を着るのが良いとのこと。

        電磁波のようなものからも、悪いエネルギーからも
        麻は人を守ってくれるんだそうです。

        麻の服はちょっと高かったり、シワになりやすくてケアが大変なのかな、なんて思っていまして
        ほとんど麻の服など持っていなかったのですが、
        この夏は
        ひとつ麻のワンピースなど買ってみようかな、
        そして良さを体で実験してみたいな、と思いました。















        posted by: philiaito | 健康ネタ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        手作り石鹸、作ってみました

        0

          少し前ですが はじめて、石鹸を手作りしてみました。

          前に、友人が行った「手作り石鹸教室」に参加して
          「よし、作ろう!」と思ったのに
          そこから1年以上が経過・・・(^^)

          腰が重い私ですが、先日やっと、トライしました。

          材料は
          オリーブオイル、苛性ソーダ、清製水

          基本は本当にこれだけで出来ます。
          (ちなみに苛性ソーダは薬局でしか売っていなくて、買うときにサインと印鑑が必要。)

          香りや効能をつけたければ、これに好みのエッセンシャルオイルをプラスするだけです。

          私は今回はクラリーセージというオイルを使ってみました。

          作るときに必要なものは、
          ボールいくつか、ステンレスの泡だて器、金属のスプーン、料理用温度計2本、

          また、石鹸を流し込んで固める型になる牛乳パック2個

          そして、苛性ソーダから身を守る 防護メガネ(ゴーグルなどでも可)、ゴム手袋 です。

          苛性ソーダというのは劇物で肌についたりすると火傷をしたようになるので、それが一番注意点です。
          だから、小さい子がいるところで作業は禁物ですよ。

          でも、普通に気をつけて大人だけで作業をすれば別に危なくありません。

          作業時間はゆっくりやっても40分くらいでした。

          そして出来上がった石鹸は写真のように切った状態で
          日光が当たらないところに6週間、寝かせます。

          うちはお盆に載せて、寝室の本棚の上に置いていますが
          存在を忘れていてもたまに良い香りがして結構いいです。

          年末には使える状態になるはず!

          新年の初風呂に自分で初めて作った石鹸を使うなんて、オツかな、などと楽しみにしています♪

          石鹸作りを教えてくれた友人が参考にしていたのは
          たぶん、前田京子さんという方の本です。リンクしておきますね。

          コピーを頂いて、それを見て作りましたが、とてもわかりやすかったです。

          posted by: philiaito | 健康ネタ | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          気功師オススメの入浴法

          0
             昨日、お風呂や洗い方のコトなど書いて

            「あ、これも書けば良かった!」と思い出したので、おひとつ。

            フィリアHPの伊藤のプロフィールにも書いたりしているのですが
            ひどいアトピーで悩んでいた頃、ホメオパシーよりも先に
            気功に出会ったワタクシ。

            60代くらいのご夫婦でやっていて(両方とも気功師さん)
            「口込みの人しか診てくれない」という、看板さえ出していない気功治療院でしたが
            いつも混んでいました。

            その気功の先生が、アトピーで全身ボロボロで
            夜も痒くて眠れないでかきむしっている私に教えてくれた入浴方法です。

            ☆まず、お風呂はぬるま湯。そして少し長めにゆっくり入ること。

            ☆シャワーで済ませるなんて絶対ダメ!それなら入らない方がマシ。
             絶対、湯船につかること。

            ☆湯船に、柔らかいタオルを持ってはいり、お湯をたっぷり含んだタオルで
             手足の先端から心臓に近い方向に向けて、なでること。
             
             力は入れない。ただ、タオルをゆっくり滑らすだけ。
             
             方向は必ず守る。 左右の腕、左右の脚の裏表を各5回ずつくらい。

            こんな方法でした。

            教えてもらったときは、半信半疑でしたが
            「とりあえずやってみよう」と思ってやってみたら

            不思議なことに、その後、寝るときの痒さが半減したんです!

            完全に痒みがおさまるワケではなかったですけど
            少し和らいだだけでも、そのときの私には本当い嬉しいことでした。

            理屈はわからないのですが、それをすると、風呂上りの肌から水分が逃げずに
            水分を含みやすくなるようで、すこ〜しだけしっとりするんですよね。

            お金がかかるワケでもなく、何かを塗るワケでもないやり方なので
            乾燥気味の方、良かったら試してみてくださいね〜。






            posted by: philiaito | 健康ネタ | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            洗う?洗わない?

            0
              寒くなってきましたね〜。

              そしてお肌が乾燥してくる季節。

              気功とホメオパシーのお陰で、今は完治したとは言え、
              私ももともと、アトピー出身(?!)

              肌も本当〜に弱いタイプで
              中学、高校あたりはずっとニキビに悩まされ、

              18歳くらいでぼちぼちメイクをするようになってからは
              化粧品でトラブル続き。

              国内有名メーカー、外国の製品、「自然派化粧品」といわれるようなもの、
              高いものから安いものまで、かなり色々試し、しかしどれも合わず・・・
              「化粧品難民」状態でした。

              「どんな洗顔料を使ってもシャンプーを使っても平気」というような
              肌のキレイで丈夫な人がうらやましかったものです。

              肌が丈夫だったら
              「どんなケアをするのが肌ってベストなんだろう。
               何が正しい方法なんだろう」
              なんて、試行錯誤しないんだろうなあ、と思っていました。

              その後、皮膚理論も学び、今は知識も増え・・

              そして、今、試しているのは・・・

              「洗わない」という方法。

              もちろんお風呂は毎日入るのですが、
              そして石けんはちょこっと体には使うのですが、
              たくさんは使わない。
              泡立てて優しく少し使うくらいで、
              ゴシゴシはしない。

              顔に関しては、お風呂でお湯で軽く洗うくらいで
              洗顔料、石けんは使わないでいます。

              お風呂から上がったら、ホメオパシージャパンの
              水分の100%がヘチマから絞ったものという(本当にヘチマくさい)
              ローションフェイスだけつけます。

              朝は水でザブザブ洗うだけで
              洗ったあとも何もつけない。

              ファンデーションは、10年以上使っていないので、そのまま。

              そんな感じです。

              少し前までは、お風呂に入ったときに一応、石けんで顔を洗っていました。

              でも、その時より今のほうが、調子が良いようです。

              こんな「石けんなどで洗わない」方法、を試しているのは
              クライアントさんで
              とても肌も髪も綺麗な方なのですが
              石けん、洗顔料、シャンプーを使わないで暮らしている、とお聞きしたのもきっかけです。

              また、ヨガ講師もしているホメオパスの方で
              同じように、「石けんなどで洗わない」暮らしをしている方もいます。

              その方も肌も髪も綺麗で、
              「この方法にしてからも全然問題ないよ〜。むしろ調子が良いかも」
              とおっしゃっていました。

              一人一人、合っている洗い方や、お風呂の入り方、色々あると思います。

              ただ、清潔好きの日本人はどうしても、毎日お風呂に入り
              そして泡をたっぷりたててゴシゴシこする傾向があるようです。

              アトピーで乾燥しがちで、乾燥すると痒みがでる方や、
              「どうも乾燥肌で困るわ〜」という方は

              しっかり洗いすぎている という可能性も。

              そうすると、特に冬場は肌から油分が抜けすぎてしまい
              更に荒れ気味になると水分も抜けてしまいます。

              いろいろ実験してみて、たまには
              「洗わなかったらどうなるかな」 などと試してみたりして
              自分に合った方法を見つけるのも良いのかな、と思います。
              posted by: philiaito | 健康ネタ | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              ふゆじたく

              0

                今日から11月ですね。

                いよいよ本格的な冬ですね。

                「ふゆじたく」 = 「冬支度」 という言葉が好きです。

                なんとなく、寒い日の毛布やストーブのように温かい感じがします。

                わざと
                「さあ、ふゆじたくしなきゃなあ」 などと言いながら色々出してみたり。

                写真は膝かけ毛布などと、湯たんぽです。

                湯たんぽは「fashy」という会社のもので、柔らかいゴム製。

                中に熱いお湯を入れる、昔ながらの湯たんぽです。

                「象が踏んでも壊れない」湯たんぽだそうです。
                (そもそも湯たんぽってそんなに頑丈であるべきもの?という疑問はさておき)
                確かに数年使っていますが、壊れてません(^^)

                夜、寝る直前に、やかんで湯たんぽ用のお湯を沸かしていると、
                すご〜くすご〜く幸せになります。 

                「さあ、あったかい布団でぬくぬく寝るぞー!」 と、妙に意気込むのです。

                電気アンカや電気毛布は、やはり電磁波のこともあるし、
                できたら素朴なお湯を入れる湯たんぽ、オススメです。

                ちょっと面倒ですが、エコですし。

                さて、来る冬に備えてフィリアでも
                「冬のレメディ・セミナー」を11月18日(日)にいたしますが、
                こちらは既に満員御礼です。

                その後は、12月16日(日)
                「フィリアのクリスマス・基礎セミナー」を行います。

                手作りのお菓子や、クリスマスムードを楽しみつつのセミナーになる予定です。
                ご参加お待ちしています!
                ご一緒に、「ホメオパシー的・冬支度」をしましょう♪
                posted by: philiaito | 健康ネタ | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                ロミロミ 初体験

                0


                  はじめて「ロミロミ」マッサージを受けてきました。

                  横浜・石川町駅から7分くらいのところに
                  「ヒーリングサロン・ハプナ」 というところがあり、
                  そこのマリエ先生に
                  ヒプノセラピーを3回受けたことがあります。

                  マリエ先生は、ご自分は趣味でタヒチアンダンスをされたりしていて、
                  女性らしさと優しさの溢れるステキな方です。

                  ヒプノセラピーは、過去・合計6回ほど受けたことがあります。
                  一番はじめに受けたのは、10年以上前。

                  1回目のヒプノセラピーは、ホメオパシーと出会うキッカケになりました。

                  私の「ヒプノセラピー体験記」 も、かなりネタになりオモシロイのですが、
                  長くなってしまうので、また改めて書きますね〜。
                  あとは、セミナーや相談会のときに直接聞いていただいても(^^)

                  今回は、マリエ先生がヒプノセラピー以外にも「ロミロミ」マッサージをされるので
                  それを体験しました。

                  「ロミロミ」 は、ハワイ語で 「もみもみ」 なんだそうです。

                  「ロミロミ」 = 「マッサージ」 と言う意味でもあるそう。

                  今まで、普通のマッサージは受けたことが何度もありますが
                  ロミロミは初めて。

                  まずは、バスローブに着替えて、フットバスで足を温めつつ、
                  カウンセリング。

                  フットバスに浸かりつつ、たくさんのエッセンシャルオイルの入った箱から
                  先生が、こちらの好みや体調などを聞きながらオイルを数種類選んで、ブレンド。

                  パチュリーなど、スッキリ系も入れつつ、ジャスミンなども。

                  ジャスミンは、ハワイアンな雰囲気のマリエ先生の雰囲気でもあり、
                  女性力がアップするような気がしました。
                  (普段低いから!)

                  ロミロミは、強くもみほぐす、というよりもしなやかな力強さで
                  リンパの流れが良くなるような感じで、とても気持ちよく、
                  やはりいつの間にか寝てしまっていました〜。

                  途中で、体のあちこちに、「あったかい!」 と思うものが当てられていました。

                  終わって、お茶やお菓子を頂きながら、温かかったモノの正体を見せていただくと

                  (写真右の)
                  卵みたいに綺麗な、ツルツルの黒緑色の石でした。

                  マリエ先生 「これ、アメリカのセドナでとれた玄武岩なんですよ〜」

                  私 「えっ!先月、行ってきたばっかりです!」

                  なにやら、セドナに縁があるなあ、最近(^^)

                  さてロミロミ、今まで受けたマッサージ系の中では、かなり好きでした。

                  こちらのサロンは、落ち着いた一軒家で、
                  石川町駅から、山手異人館めぐりに向かう坂の途中にあり、
                  中華街や元町とも歩ける場所なので、
                  横浜散策がてら行かれるのもオススメです。

                  ご興味があれば、ヒプノもぜひ♪
                  posted by: philiaito | 健康ネタ | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  ダンスコの靴

                  0

                    ずいぶん履きこんだ、あまり綺麗でもない靴の写真ですみません!

                    先日、相談会にいらしたクライアントさんと、靴の話になりまして、
                    そのとき、たまたま履いていて、ご紹介した靴がこちら、

                    DANSKO というアメリカのメーカーの靴です。

                    DANSKOは、「デンマーク人の靴」という意味だそうですが、
                    実はアメリカの会社。

                    1990年頃、アメリカのペンシルバニア州で設立。

                    デンマークに馬を買いにいったアメリカ人の調教師2人が、
                    デンマークで見つけた靴の、あまりの履き心地の良さに感激して、
                    試行錯誤して、アメリカでそのような靴を作って売り出したのが始まりとか。

                    世界各国で、立ち仕事(看護婦さんとか、病院でも使っていたり)の方中心に
                    人気だそうです。

                    私も評判を聞いて、日本にはひとつしかない、という東京、南青山の店舗まで
                    買いに行き、履き心地の良さに感激して一足買って、
                    最近、こればかり履いていたのでこんなに汚れてしまったのですが。

                    外反母趾の方のために、というオススメもあるようです。

                    これは履いてみないとわからないのですが、
                    普通の靴と、負担のかかる部分が違うんです・・・

                    足の甲で全体を支える感じとでもいいますか・・・

                    前回、クライアントさんとお話したときは帰り際で、ちゃんとお話できなかったので、
                    取り急ぎですが、
                    リンクのせておきますね。

                    ご興味のある方は、試し履きにいってみてくださいね。

                    DANSKO

                    それでは、研修に旅立ちます。
                    無事、元気でいってこられますように。
                    posted by: philiaito | 健康ネタ | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    「一ヶ月、ものを買わないで暮らす」

                    0

                      一ヶ月ほど前に、お掃除会社を経営し、暮らし方の本なども多く書いている沖 幸子さん のエッセイを
                      読んでいたら

                      「たまには、一ヶ月モノを買わない、と決めて過ごしてみるのもいいですよ」 と書いてあり
                      ちょうど読んだのが6月1日だったのもあって

                      「じゃあ、これから一ヶ月、意識的にモノを買わないで暮らしてみようかな」と思い
                      実行してみました。

                      (食料品、トイレットペーパー、シャンプーなどの生活必需品は買っていいんですよ)

                      結果・・・
                      「ふだん、あまり意識してなかったけど、チョコチョコものを買っていたんだな」 とか
                      「その時は、『欲しい!』『これは必要!』とか思ったものも、しばらくたつと忘れてる、
                      本当は必要なかったんだな〜」
                       とか
                      実感しました。

                      まあ、実はもともとあまりモノを買うほうではなく、家に遊びに来た友人に一通り、家を見せた後に
                      不思議そうに
                      「ねえ、あなたの私物はどこにあるの?」 と聞かれるほど。 私物は少ないのですが。

                      (ダンナは自分の部屋をリスの巣状態にしています。モノだらけです。)

                      だから、「モノを買わない!」とか言ってもあまり苦でもなかったのですが・・・。

                      (でも実は写真の麦わら帽子を買ってしまいました。 6月中に。
                      同じような麦わら帽子を無くしたので、代わりに仕方なく!と言い訳しています。)

                      実は、相談会にいらっしゃるクライアントさんから

                      「最近、大掃除をして家の中がずいぶんスッキリしました」 
                      「ずっと捨てようと思っていた〇〇を捨てて・・・」
                      「片付けられなかった〇〇を片付けて、家が広くなりました」

                      などのワードが出たら、Good Sign と思っています。

                      レメディをとったりして体がいらないものを排出してくると、身の周りのゴミも捨てたくなるのか、
                      免疫力が上がって体力やパワーがつくと、掃除やゴミ捨てする力が出るのか・・・

                      まあしばらく、自分は「買わない生活」 続けてみようかなー、と思っています。


                      posted by: philiaito | 健康ネタ | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |